【Rumi’s 美ボディーメイク塾】初心者向け! 正しいスクワット法を伝授

22 February 2019

【Rumi’s 美ボディーメイク塾】初心者向け! 正しいスクワット法を伝授

キュッとしたウエスト、丸みのある女性らしいお尻、筋肉がきれいについたすらっとした脚。下半身を理想的な形へと導いてくれるワークアウト、スクワット。ところが正しい方法でできていないと、逆に変なところに筋肉がついてしまう恐れも。モデルでボディーメイクトレーナーの佐々木ルミさんが今回教えてくれるのは、強度別に試せる正しいスクワット法。

佐々木ルミ

モデル&ボディーメイクトレーナー 佐々木ルミ

国内外でファションモデルとして幅広く活躍後、ボディーメイクトレーナーとしての活動を開始。モデルとトレーナーという2つの観点から時代に左右されない健康美を追求し、エクササイズでマインドもハッピーに変わった自身の経験をベースに、適度な運動とクリーンな食生活で健康的な毎日を送るウェルネスエイジングを提唱している。著書に「キレイをかなえるデトックスウォーター」(宝島社)、「イルミネートボディ·ダイエット」(サンマーク出版)がある。 ・全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)認定パーソナルフィットネストレーナー

https://www.instagram.com/illuminatebody/


重心はかかと! 自分に合った強度で試してみて

Sets
3セット(15回1セット)

Time
3分
※分数は、レベル1を3セット行ったときの合計です。

Instructions
Step 1. 椅子に腰掛けて背筋を伸ばし、左右の座骨に重心を乗せる。足と膝を腰幅に開いて正面へ向ける
Step 2. 股関節から前傾姿勢をとり、重心をかかとへ移動する
Step 3. かかとで床を押すようにして立ち上がる
Step 4. 後ろの椅子に座るようにお尻を下げて座る
Step 5. 1~4を繰り返し。15回を3セット(レベル1)
Step 6. レベル1に慣れてきたら、4で椅子に座らずにお尻を椅子に軽くつけるだけで立ち上がる12回を3セット(レベル2)
Step 7. レベル2に慣れて来たら、椅子をどかしてスクワットを行う。12回を3セット(レベル3)

Rumi’s Comment
「下半身の筋力アップに欠かせないスクワットは、正しいフォームで行うことで一層の効果を発揮します。フォームが崩れていると太ももの外側や前などをメインで使ってしまい、ガッチリとした脚のラインになりやすいので注意が必要です。

特に運動初心者や筋力がない場合は、椅子を使った練習から始めると感覚をつかみやすいのでおすすめ。膝は常に真正面へ向け、内側へ入らないように行ってください。胸も下に向かないよう、背中を丸めないように上半身にも気を配ります。レベル1が簡単にできるようになったらレベル2、レベル3へと進んでください」

まだまだ運動が足りていない人も、運動が生活の一部という人も、正しいスクワットで理想の下半身をメイクしよう。

撮影協力: メガロス ルフレ 恵比寿

Movie: Rumi Sasaki

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ