思いのほか糖質が少ない4食品

27 June 2017

思いのほか糖質が少ない4食品

糖分の摂り過ぎが良くないことは周知の事実。でももうあの甘い味を楽しめないわけじゃない。甘いものをとてつもなく大量に含む食べ物もあれば、驚くほど少ししか含まないものもあることを知っておいて。

ラズベリー

ミューズリーのほか、手作りパンやスムージーにちょっと甘さをつけるためのスーパーフードとしてうたわれるベリーやその他フルーツの糖質値を知っておいて損はない。その甘さにも関わらず、ラズベリー100gに含まれる糖質は約5g。同じ100gに対して、ブルーベリーにはラズベリーよりも少しだけ多いおよそ9gの糖質。ところが100gのバナナには約18gと、ベリー系に比べてかなり高い糖質レベルとなっている。

 

シリアル

糖質カテゴリーでの評判があまり良くないシリアル。どれも一緒だと思われることが多く、見落とされがちなのはシリアル全体の栄養価値。今度シリアルを選ぶときは、食物繊維、全粒、ビタミンとミネラルの含有量をチェックしよう。ケロッグのスペシャルKオリジナルには、ビタミンDと鉄分、そして1食当たり小さじ1杯分の砂糖しか含まれていない。

 

チョコレートミルク

「手にしたら悪魔、良いことなんて何もない飲み物は引っ込めなさい!」と言ったあの人は間違っていた。なぜなら、牛乳1カップに大さじ1杯のカカオパウダー、少量のシナモンとバニラエッセンスを加えてオリジナルのチョコレートミルクを作れば、ワークアウト後のプロテイン補給に良いことが証明されているから。牛乳のおかげで、含まれる糖質のほとんども天然由来。

 

ワイン

低糖ダイエットのために1日1本ワインを空けましょう、という話ではないのでご注意を。でも、一般的な赤ワインや辛口ワインの糖質量の低さには驚き。125mlのグラス1杯に含まれる糖質は、なんと1g以下。これはアルコール製造の過程で、ブドウに含まれる天然糖分が発酵されるから。

 

※結果が出るという保証はありません。これは、経験に基づいた一個人の声を記事にしたものです。

 

http://www.womenshealthmag.co.uk/nutrition/healthy-snacks/6487/4-foods-that-have-less-sugar-than-you-think/

Text: Women's Health x Kellogg's Translation: Ai Igamoto Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ