「フィットネスで世の中をハッピーにしたい」ジュリ・エドワーズさんインタビュー

08 June 2017

「フィットネスで世の中をハッピーにしたい」ジュリ・エドワーズさんインタビュー

ハワイと日本を拠点に、ヨガインストラクター、トレーナー、そしてカナダ発アパレルブランド、ルルレモンの「達人」として活躍するジュリ・エドワーズさん。彼女がフィットネスの世界へと進んだきっかけ、そしてこれからのことを教えてくれた。

16歳で渡米し、東海岸の高校を卒業後、カルフォニアにあるチャップマン大学で平和学を専攻したヨガインストラクターのジュリさん。「世の中を変えたい、貢献したいという気持ちが強かったんです」と微笑む。その後、ハワイに移り不動産会社に就職したものの、フィットネスの世界に引き込まれ、ヨガインストラクターへと転職。心と体を健康にするサポートしようと思うようになった。
 
「ハワイのカピオラニ大学でスポーツ科学を学び、ACSM(アメリカ医学会)認定パーソナルトレーナーの資格を得ました」。ジュリさん自身もサーフィン、トライアスロンを楽しみながら、型にはまらない独自のスタイルのヨガを広めていた。「ハワイではフィットネスが日常にあります。心と体がヘルシーでいられる環境、土壌があるんです」


鉛筆1本、ノート一冊から 子供たちを笑顔にできる

鉛筆1本、ノート一冊から 子供たちを笑顔にできる

 ジュリさんのターニングポイントになったのが自ら立ち上げた「Share your Hearts」というプロジェクト。「2007年にインドで地元NGOのインターンとして小さな村で講師をしていました。そのとき、子供たちの目の輝きに感動すると同時に、勉強したくても文房具がなかなか手に入らない状況にショックを覚えたんです」と振り返る。
 
東京に一時帰国したジュリさんは2か月間の滞在で撮影した写真の個展を開いた。「入場料として、使わないノートやペンなど、家にある文房具を持ってくるようにお願いしました。鉛筆を販売し、その収益を寄付しました」
 
その結果、13000ドルの寄付金とダンボール7箱の文房具を現地に届けることができた。「このプロジェクトの経験を通じて、世界をハッピーにする社会貢献は身近なことから始められると改めて気づきました」とジュリさん。 


フィットネスが世の中を よりハッピーに変えていく

フィットネスが世の中を よりハッピーに変えていく

日本人だけでなく、ハワイローカルにも支持されていたジュリさん。アメリカ最大のヨガフェスティバルであるWanderlust Yoga Festivalにハワイのヨガインストラクターを代表として出演した経験もある。

「ヨガという形にはまらず、私なりのスタイルでヨガを伝えたい。」と語る。
そして3年前にハワイの「ルルレモン」のアンバサダーに任命された。98年ににカナダでローンチしたルルレモンは世界規模で広まっていた。「『運動を通してメンタルも、フィジカルも健康になり、生活を豊かにしていこう』というコンセプトに共感しました。ヨガウエアというカテゴリーにこだわらず、1枚でランニング、ボルダリングなど幅広いエクササイズを楽しめるよう設計。「そのためお店での接客もまず『どんなアクティビティを楽しんでいますか?』とたずねるんです」。一人一人のライフスタイルに寄り添い、ヨガシーンだけでなくフィットネスを楽しむためのウエアであると自負する。「私自身も、ヨガも好きだけど、トライアスロンも、サーフィンも、スノボも、キックボクシングも、筋トレも、体を動かす事が好き。sweat once a day (一日一汗) がモットーです」

そしてアンバサダーを始めてから1年後、ワイキキで行われたヨガイベントをでレッスンをした際にルルレモンのアジアの代表に出会い、日本のルルレモンの立ち上げを手伝って欲しいという申し出を直感で承諾した。  

Community Connectorという役職で3ヶ月の契約で来日。まだ何の土壌もないルルレモンのために、色々な場所で、様々な人たちとつながり、ルルレモンのことを知ってもらう事が仕事だった。その後、ブランドマネージャーとして1年東京をベースに働き、今年4月にGINZA SIXにルルレモン日本の初店舗をオープン。「リアルな人とのコネクションを大切にするブランドなので、人が好きな私にぴったり。いろんな人に会いたいし、話したい。経験のない私を100%信頼して、ルルレモンという世界的に大きなブランドの名前を武器に色々な方ともお仕事ができて、仕事というより、MBAに行ってる気分で沢山の勉強させてもらいました」


日本とハワイの懸け橋になり 心も体も健やかな社会に

日本とハワイの懸け橋になり 心も体も健やかな社会に

 オアフ島にはクレンズジュースバー「Shaka Pressed Juice」もオープン。心と体を元気にするタッチポイントを次々に提案した。「健康的に過ごしたいと思う人たちのサポートをし、地域を活性化したいんです」。サーファーの彼女にとって、オアフ島はもう一つのホーム。忙しくすごす東京をのライフスタイルのバランスを取るかのように、ハワイではゆっくり過ごす。朝、愛犬ルルをビーチで散歩させてから、サーフィンにいく。波が良くない日は、ヨガのに行ったり、ジムに行ったり、ハイキングに行ったり、体を常に動かしているという。
現在はルルレモンの「達人」という肩書きで、引き続きルルレモンと関わりながら、自身のヨガインストラクターとしての活動にもフォーカスしている。カリフォルニアやハワイに住んだ経験を活かし、日本にももっと色々なフィットネス文化を広めたいと思うように。運動すると、体が健康になるだけでなく、気分もあがるし、悩み事や心配事からも解放される。「これからもっと、日本人のライフスタイルにもフィットネスが浸透していくように、気軽に運動できる場所や、ヨガのや運動を始めたいと思える機会をどんどん作っていきたいんです」

タンクトップ「Squad Goals Tank」¥8,800 タイツ「Pace Rival Crop」 ¥13,800 ブラトップ「Energy Bra」 ¥7,500/以上ルルレモン(ルルレモン原宿)
※すべて税込み価格 

お問い合わせ先
ルルレモン原宿 tel.03-6427-4545

Photo : Masato Moriyama Styling : Mami Kudo Hair&MakeUp : Kaori Nagai Text : Noriko Maniwa

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ