原裕美子のアロマコンシャスライフ「ぷるぷるのリップになれるリップパック」

14 March 2018

原裕美子のアロマコンシャスライフ「ぷるぷるのリップになれるリップパック」

モデルとして活躍しながら、アロマテラピー・インストラクターとして手作りアロマコスメのワークショップ「vivalivアロマ部」を運営する原裕美子さんの連載。普段から運動が大好きという原さんのアロマのあるヘルシーライフ。今回は、ガサガサリップをケアするリップパックの作り方をご紹介します。

原裕美子

モデル、アロマテラピー・インストラクター 原裕美子

モデルとして雑誌・広告等で活躍する一方、自身の肌や体調管理に悩んだのをきっかけにアロマテラピーに出会う。2016年にアロマテラピー・インストラクターの資格を取得し、アロマを用いた手作りコスメのワークショップ「vivalivアロマ部」をスタートさせ、アロマのある暮らしの魅力を伝える活動を行っている。http://vivaliv.jp/

三月の二週目に入りましたが、春に向けむけて少しずつ日が長くなってきてるとはいえ、まだまだ寒いですね。

空気にも冬の冷えと乾燥がまだまだ感じられ、唇の乾燥もまだ気になる頃。

唇は皮膚の中でも繊細な皮膚なので、乾燥ダメージが現れやすく、ガサガサのリップは見た目もよくないし、女子力が損なわれちゃいます。

今日はそんなダメージリップを週1回の濃厚保湿ケアで改善してくれるリップパックレシピのご紹介です。

ガサガサリップも根本から改善して、春色コスメが映える潤いリップを作りましょう!

それでは早速レシピを確認していきましょう!

 

【材料&機材】 1個40g  所要時間:15分 保存期間:冷蔵庫に1週間

 

IMG_2549_R

・砂糖……大さじ1

・はちみつ……大さじ1

・オリーブオイル(ココナッツオイルでも可)……小さじ1

・ワセリン……小さじ1/2

・精油……スイートオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどを1滴のみ。

 

お道具:計量スプーン、スプーン、カップ、容器、消毒液、コットン

 

【作り方】

IMG_2565-1_R

1)全てのお道具を消毒した後、計量器を用いて砂糖を計量します。

IMG_2580-2_R

2)大さじを使ってハチミツを計量し、砂糖のカップに入れます。

IMG_2586.-3JPG_R

3)オリーブオイルを小さじを使って計量し、砂糖のカップに入れます。

IMG_2608-4_R

4)ワセリンを小さじを使って計量し、砂糖のカップに入れます。

IMG_2621-5_R

IMG_2623-5-2_R

5)材料が全て入ったら軽く混ぜて、容器に移して完成です。

 

今日のレシピは素材の全てが保湿に効果的!

なおかつ材料はキッチンにある食材で作れるので、お料理感覚で手軽にできちゃうところもポイントです。

コスメ作りのオイルに普段は食用は使いませんが、今回は唇に塗るものなので、食用のオリーブオイルを使いましょう。

そしてこのオリーブオイルには食べるとその成分が満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑えてくれる効果があり、その成分には食物繊維とオレイン酸を含んでいるので、便秘改善や新陳代謝を高める働きをしてくれます。

また、オレイン酸という人の皮脂と似た成分をふんだんに含むので、肌なじみもよく、肌を乾燥から保護して滑らかに整えてくれます。

他にもビタミンや抗酸化成分をふんだんに含んでいるので、ツヤのある若々しい肌作りをサポートしてくれます。オリーブオイルは食べても塗っても嬉しい働きが満載ですね。

ですが、口から摂取し過ぎると太るので要注意です!

そしてハチミツとお砂糖のスイートな組み合わせは、どちらも皮膚を柔らかくしたり、

肌を保湿する働きが抜群にあります。ハチミツのピーリング作用とお砂糖のスクラブによる相乗効果で、一皮向けたプルプルリップを作ってくれます。

そしてパックの締めはワセリンです!

ワセリンは保湿された肌にベールのように膜を張る性質があるので、唇からの水分の蒸発を防ぎます。

アロマにはハチミツやお砂糖の甘い香りもありますが、入れるとしたら柑橘系のアロマなどを1滴だけ入れると材料の香りとマッチしていいでしょう。

今日作ったパックは唇にパックをのせて軽くマッサージした後、サランラップでリップをカバーして美容成分を唇に閉じ込めましょう。

そしてその後に軽く水で落とすと感動するほど潤いリップの完成です。

簡単な材料でできる潤いリップケアなので、ぜひ皆さんお試しくださいね。

Text&Photo:Yumiko Hara

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ