「時間がない、仕事が終わらない」に決別! プランニングのプロが教える「効率を上げるコツ」

09 October 2018

「時間がない、仕事が終わらない」に決別! プランニングのプロが教える「効率を上げるコツ」

メールは来るばかりで返すのが精いっぱい。大事な予定を書き記したメモは、大量の資料に埋もれて終わってから気付く始末。やらないといけないことは時間とともに増えていくだけ……。でも、せっかくなら効率的にあらゆるタスクを片付けていく方法を身につけたいもの。

そこでオーストラリア版ウィメンズヘルスが少しでも効率的に動けるようアドバイスを伺ったのは、起業家のロレイン・マーフィー。もともとかなり効率の悪いタイプだった彼女。ところが今や「マスタープランナー」という肩書きで、確実に目標を達成するためのコツをまとめた本まで出している。そんな彼女が送っている「効率的な毎日」について教えてもらった。

もともと効率的に動けるタイプだった?

全然。「効率的にならないと!」と思い始めたのは起業してからだったわ。一人で何かを運営するには、できる限り効率的になるしかなかったの。そうでもしなければ、ビジネスは失敗に終わっていたと思うしね。

これまで試したものの中で、人生を変えた「効率性アップの方法」があれば教えて。

efficient-time

一週間の予定を前もって決めるようになってからは、人生が大きく変わったわ。必要なのはほんの30分なの。そこで一週間分の予定を全部洗い出す。つまり、30分たったころにはその週の予定が大体頭の中に入っている状態。その際に、プライベートの時間もしっかり確保できているか確認するといいわ。


今日からできるライフハックを教えて!

efficient-todo

やらないといけないことを全部書き出す癖をつけて。そこから優先順位が最も高いものを3つ見つけて、それをできるだけ早く終わらせるよう心掛けること。

効率性アップにおけるNG行為は?

問題が起きてから対処しようとする人がとても多いと思う。メールや問い合わせへの返答にひたすら時間を費やして、他の大事なタスクは後回しにしていたりね。


ついつい物をため込んでしまう人にアドバイスを!

efficient-minimalism

物を減らして辺りをすっきりさせると、精神的にも余裕が生まれるの。そうすると、あなたが「理想とする生活」を作り上げるスペースもできる。私は家を片付けている間、いかに「ときめき」を感じられるかで、その物が必要かどうかを判断している。片づけコンサルタントである近藤麻理恵さんの方法よ。夫もこの方法が大好き。ずいぶん家が片付くし、もっともっと幸せを呼び込める気がするの。


ものすごい数の受信メールにはどう対応するのが最もスマート?

efficient-email

メールのチェックと返信は、毎日決まった時間に行うのがお勧め。そうでもしないと、一日中メールの返信をしている羽目になるでしょう? あとは、どのメールも一度で処理するよう心掛けて。やるべきことはこの4つのみ。

(1)削除する(2)誰かに転送する (3)1分以内で返せそうであれば返信してしまう (4)少し考えてからでないと返信できないものは、To-Doリストに書き足して、ちゃんと返信できるときが来るまで保留にしておく。


朝はどう過ごしている?

efficient-meditate

子どもが生まれたから以前のようにはいかないけれど、ハル・エルロッドの著書 『モーニングメソッド』 で学んだ習慣を実践しているわ。まず、娘が起きる前に10~20分ほど瞑想して、運を知らせてくれるオラクルカードを1枚引いて、日記をつける。

その間に夫が朝食を作り始めるので、私は娘の面倒を見る。娘が朝食を終えて着替え終わったら、髪をセットしてメイクをすれば準備完了。前日の夜までにはできる範囲内で準備をしているから、そこまでバタつくことはないわ。

 

※この記事は、オーストラリア版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Lauren Williamson Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ