ダイエット方法とトイレの関係

01 August 2017

ダイエット方法とトイレの関係

食べる物が変わるとトイレにはどう影響するの?

私たちの身体は、食べた物が出る物に影響するようにできている。つまり当たり前だが、食べるものを変えるとお腹にも大きな変化が出るということ。たとえば、ヴィーガン食を始めたり、Whole 30を始めたり、ケトジェニックダイエットを試せば当然「出る物」、つまり便にも影響する。

「便はほとんどが水分」と、ニューヨークのトゥーロー・カレッジ・オブ・メディシンの助教授、ニケット・ソンパル博士。「水分以外は繊維、バクテリア、粘液と細胞。食べ物が便に影響するというのは、実はこの繊維の話」と説明する。

では、食生活が変わると便にも影響するとは実際にどういうことなの? そこで、8つのダイエットとそれによってどんな変化があるのかを調べてみた。

 

ベジタリアン食

肉を食べなくなるということは、規則正しい排便につながる、とソンパル博士。ベジタリアンの人は肉食の人に比べてきちんと排便のリズムが整っている人が多いそう。これは、フルーツと野菜がメインの食事は繊維を多く含むため。「植物をたくさん食べるような人は腸が規則的に、より大きく動く。言うならば、よりやわらかい便のイメージ」という。

 

ヴィーガン食

ベジタリアンの人と同様にヴィーガンの人の場合もよりやわらかく、定期的な便が出るそう。さらに肉だけでなく、乳製品をカットすることで、トイレタイムもさらにスムーズになるかもしれない。「乳製品をやめると、腸の動きがより活性化され、お腹にガスもたまりにくくなる」とソンパル博士。これは、特にラクトースの分解が難しい人の場合に変化が見られるという。

 

ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエット、つまりタンパク質と脂質を主に食べて、炭水化物を一日40g以下にするというダイエットは賛否両論。このダイエットは糖質を制限することで、ケトン体を作り、炭水化物の替わりに脂肪を燃やすように身体をだますことはできる。ただ、トイレタイムはだいぶ乱されるかもしれない。「このダイエットでは下痢になるか、便秘になる」とソンパル博士は話す。「下痢になってしまうのは、お腹の中で膨らむ繊維などをあまり摂らなくなるから」。そのため水っぽい便になることが多く、頻度は少なくなるそう。

 

アトキンスダイエット

アトキンスダイエットもケトジェニックダイエットと似ているが、ケトジェニックダイエットほど極端ではない。この低炭水化物ダイエットは炭水化物よりもタンパク質を多く摂るという食事法。「野菜をたくさん食べていれば、腸の動きは比較的よいはず」とソンパル博士。「ただ、タンパク質ばかり食べて、プロバイオティクスや繊維が不十分だとまずいことになる」と言う。このような場合、トイレに行く回数はぐんと減るそう。

 

パレオダイエット

旧石器時代の頃の食事を実践するという、パレオの食事は好きなだけ肉を食べていいが、やりすぎないように注意して。やり過ぎてしまうとかなり、便秘になるリスクが高まるそう。「肉は消化に時間がかかるので、詰まりやすくなる」とソンパル博士は説明する。つまり、便は固くなりがちで、当然トイレに行く回数も減る。そうなりたくないのなら、肉だけでなくフルーツと野菜をたくさん摂ってバランスをとるようにして。そうすれば大丈夫だそう。

 

Whole 30

Whole30の食事法を実践してクリーンな食生活をしていれば、体重も減り、排便もスムーズになるはず。Whole30のプログラムでは、野菜やフルーツをたっぷり食べて肉や魚介類を適度に食べながら、砂糖、加工品、アルコール、添加物、穀類、マメ科、乳製品などを食べないというもの。「加工食品をあまり食べない人は、腸の動きもより自然になる」とソンパル博士。これは、加工食品に含まれる保存料や増粘剤が腸をべたつかせやすくするため。保存料が少なく、フルーツや野菜などのホールフードを食べることによって、トイレでも気持ちよく過ごせるようになるとのこと。

 

ボリュームダイエット

コストコダイエットとも呼ばれるこのダイエットは、カロリーの低いものをたくさん食べるというもの。この食事の影響は何をたくさん食べるかによって、排便にプラスになるかマイナスになるか両極端だそう。もし、カロリーの低いサラダをたくさん食べているのなら、繊維質も多く摂ることになり排便もスムーズになる。でも、たくさん食べているのがスープだと残念ながらトイレタイムは少しやっかいかもしれない。はじめの頃は、便は普通だが、しばらくすると量は少なくなり、水っぽくなるそう。もしこのダイエットをするのなら、サラダを食べる方にして。

 

地中海式ダイエット

この食事法はもっとも健康的なダイエットかもしれない。カロリー、満足度と排便のどれをとっても健康的、とソンパル氏。脂質と繊維質の多い野菜をたっぷり摂ることで、排便も理想的なものになるそう。「さらに、トウガラシなどのスパイスは健康的な腸の動きにもつながるそう。

 

どんな食事法を選ぶにせよ、食物繊維たっぷりの果物と野菜を食べるようにして。もし低炭水化物の食事法を試しているのなら、食物繊維の量には気を付けて。ホールフードかサプリメントで一日最低でも25gは摂取するように。

 

http://www.womenshealthmag.com/weight-loss/weight-loss-plans-affect-poop

Text:Macaela Mackenzie Text:Noriko Yanagisawa Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ