もう人はいらなくなる!? 次世代トレーニングをエディターが体験!

26 May 2018

もう人はいらなくなる!? 次世代トレーニングをエディターが体験!

デジタル技術の波はトレーニング業界にも。今気になる新しいトレーニングとは?

ここ数年の間で急速に増えたフィットネスジム。暗闇の中で行うフィットネスからEMSを装着して行うものなど、ユニークなプログラムのものが次々とオープン。そして新しくやってきた次なるトレンドはAI(人工知能)やAR(拡張現実)などを駆使したデジタル系のフィットネス。トレーニーたちの動きや体組成などをデータ化することで毎回のトレーニングや身体の変化を細かい数値で把握することができたり、人間のトレーナーがいなくてもトレーニングのアドバイスが受けられるなど、トレーナーにとってもトレーニーにとってもメリットがあるよう。そこでウィメンズヘルス編集部が二つの最先端トレーニングを体験。コンピューターがトレーナーのワークアウトってどんなもの?


海外のトップトレーナーのレッスンが受けられるヴァーチャルトレーニング

_B7A3808_R

先日行われた「adidas MeCAMP」のトレーニングイベントは、ホログラム技術を使ったヴァーチャルボクササイズ。3Dホログラムとは簡単に言えば3Dメガネなしで立体的な映像や写真が見られる技術のこと。この日のイベントは、ホログラム技術によってニューヨークで話題のトレーナー、ジュリー・“ジョーズ”・ネルソンさんのプログラムがその場で体験できるというもの。かなりリアルに映し出されるので、まるでその場にいるような臨場感が味わえるのが魅力。


臨場感ある映像技術でヴァーチャルであることを忘れそう!?

_B7A3699_R

当日は「adidas MeCAMP」のアンバサダー、福田萌子さんも最新の「アディダス バイ ステラ・マッカートニー」を着て挑戦。この日はスクワットやバーピーなどのトレーニングにボクシングのパンチトレーニングを加えたプログラム。特殊なメガネをつけなくても立体的なトレーナーの映像が映し出されるので、目が慣れていくとだんだんヴァーチャル感が薄れていくのがおもしろい。物理的な距離を超えて世界中のトレーナーのプログラムが臨場感たっぷりで受けられるとあって、この技術は今後需要が増えるかも!


日本発、ARを使ったデジタルトレーニングが新宿に!

AR(拡張現実)技術を取り入れた日本で唯一のトレーニングジムがあるということで、「Dr.ストレッチ」新宿メトロ店にあるARジム専用ルームを訪ねてみることに。AR(拡張現実)とは、物理的に存在しないものを現実世界の一部としてデジタル的に表現する技術。「トレーナーから直接指導を受けなくても、ARを通して効果的なトレーニングができる他、AIを組み込んで個々にあったトレーニングメソッドを提案することができます」と話すのは同ジムのテクニカルトレーナーを務める中村さん。


ゲーム感覚で味わえるパーソナルトレーニング

DSC03860

まずはルーム内に設置された巨大スマホのようなARC Mirror(アークミラー)の前に立つ。するとコンピューターが瞬時に、身長や体重、体組成計データ(筋肉量・体脂肪)のほか、過去のトレーニングデータといったパーソナル情報を読み取り、その人に合ったトレーニングがスタート。その速さに今どきのデジタル技術の高さを痛感。

DSC03865

アークミラーに内蔵されたカメラとセンサーがユーザーの動きをキャッチするため、コーチングをはじめ、運動メニューや消費カロリー、スコアがひと目で確認できる。まさにスマホゲームの世界にダイブしたような感覚! お手本の動きに合わせて正しいフォームで行うことでメニューをクリアしていくため、集中してトレーニングができるのも嬉しいポイント。


バラエティに富んだメニューで全身をトレーニング

DSC03932

他にもトレーニングの内容に合わせて壁や床に映像が映し出されるので、一人で十分に進めることができる。今後は人間のインストラクターなしの完全デジタル化を目指していくのだそう。同トレーニングルームはストレッチ専門店「Dr.ストレッチ新宿メトロ店」の中にあるので、トレーニング前後にストレッチの施術を受けられるのも魅力。

AIやARを使うことでよりパーソナルに質の高いトレーニングが受けられるようになりつつあるトレーニング業界。新しいワークアウトのあり方に今後も目が離せない!

 

Dr.ストレッチ新宿メトロ店
住所/東京都新宿区西新宿1-1-2地下1F メトロ食堂街B1-11区画
HP/https://aifit24.com/

Photo:Cedric Diradourian Text:Izumi Ogawa

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ