“おしゃれ”も“利便性”も譲らない。旅をもっと楽しくする5スタイル

01 May 2019

“おしゃれ”も“利便性”も譲らない。旅をもっと楽しくする5スタイル

そろそろ夏休みの旅計画を立て始めている人も多いはず。旅先でおしゃれを楽しみたいと思いつつも、「かさばらないもの」「シワになりにくいもの」「何役もこなせるもの」など、利便性をいろいろ考えるとセレクトが大変。そんな悩ましい旅ファッションで活躍しそうなアイテム&コーデを一足早くご紹介!


ふんわりフレアが醸す、リゾート感あふれるワンピーススタイル

1

たっぷりとギャザーをとった「マリハ」のコットンワンピは、1枚持っていると旅先で大活躍してくれそうな1枚。シワも気にならないので、バッグにギュギュっと詰めてもOKなのが嬉しい。バッグのほかに、1つ折りたためるエコバッグを持っていくと、お土産を買いすぎてしまったときも安心!

1b

ニット¥54,000/ユウミアリア(アリア tel. 03-5467-8610)、ワンピース¥27,000/マリハ(ショールーム セッションtel. 03-5464-9975)、エコバッグ¥6,000/オープン エディションズ(エスケーパーズ tel. 03-5464-9945)、シューズ¥32,000/オルフィック(アルファ PR tel. 03-5413-3546)、リュック¥18,800/ハーシェル サプライ(ハーシェル サプライ 渋谷 tel. 03-6427-1250)


突然の雨も気にならない。ちょっぴりアウトドアなカジュアルスタイル

2

川でのBBQやハイキングなどにもぴったりなこちらのスタイル。はっ水・防水性のあるリップストップ素材を使用した「ホリデイ」のウィンドコートは、パッカブルなので旅行中の持ち歩きにも便利。スカートのスリットの位置がボタンで簡単に変えられるので、シーンによって使い分けて。

2b

パッカブルコート¥29,800/ホリデイ(ホリデイ tel. 03-6805-1273)、Tシャツ¥9,500/モノグラム(シティショップ tel. 03-6696-2332)、スカート¥11,000/リー(リー・ジャパン カスタマーサービス 0120-026-101)、ネックポーチ¥2,300/ユニバーサルオーバーオール(ロングス tel. 06-4707-7707)、サンダル¥11,000/テバ(デッカーズジャパン 0120-710-844)


ちょっぴりセレブ感が漂う、リラックスコーデ

3

「カレンテージ」のプリーツが入ったセットアップは、軽くてシワにならないだけでなく、着心地がよいのも魅力。リラックス感はあるものの、パープル×ベージュの組み合わせにすることで、大人っぽい雰囲気を醸し出して。ローヒールのサンダルは、クッション性が高いものを選ぶと疲れにくくておすすめ。

3b

トップス¥22,000、パンツ¥23,000/ともにカレンテージ(ブランドニュース tel. 03-3797-3673)、タンクトップ¥3,700/ロバート ピー. ミラー×フリークス ストア(フリークス ストア渋谷 tel. 03-6415-7728)、ネックレス¥38,000/クレッシオーニ(エスケーパーズ tel. 03-5464-9945)、サングラス¥22,000/レイバン(ルックスオティカジャパン tel. 03-3514-2950)、サンダル¥19,500/ピコリノス(ピコリノス・スピンラボ tel. 03-6721-0671)、ポーチ¥19,000/マイラン(マイラン tel. 03-6434-5860)


デニムルックは、ピンクのオフショルがあれば一気にレディな着こなしに!

4

定番のデニムスタイルも、「マイラン」のリネン素材でシワが気にならないフェミニンなオフショルダーブラウスがあれば、華やかなスタイルに。旅先でのちょっとしたディナーにも最適なコーデ。「アレゴリー」のシューズは、ヒールが変えられるので一足で2役こなしてくれる優れもの。シーンによってヒールの高さやデザインを使い分けて!

4b

トップス¥32,000/マイラン(マイラン tel. 03-6434-5860)、デニム¥12,000/リー(リー・ジャパン カスタマーサービス 0120-026-101)、バッグ¥11,000/トゥデイフル(ライフズ tel. 03-6303–2679)、パンプス(本体)¥28,000、ヒール(シルバー)¥6,000、ヒール(ブラック)¥6,000/以上アレゴリー(ワールド フットウェア ギャラリー ギンザシックス tel. 03-6263-9991)


アフリカンバティックが主役の南国スタイルで旅気分を盛り上げて

5

シワになりにくいパイル地のハイウエストパンツにアフリカンバティックのトップスを合わせれば、一気に南国っぽい装いに。かさばるイメージのハットだけど、折りたたみ可能なタイプをチョイスすれば、スーツケースにコンパクトに収まる。

5b

ハット¥20,000/アイビリーブ(ティースクエア プレスルーム tel. 03-5770-7068)、トップス¥9,000/サラ マリカ(ブランドニュース tel. 03-3797-3673)、パンツ¥27,000/フィーニー(フィーニー tel. 03-6407-8503)バングル各¥3,500、サンダル¥16,000/以上トゥデイフル(ライフズtel. 03-6303–2679)トランク¥300,000/クリーザン(コニーtel. 0796-23-6345)

Photo(model): Ryoko Ono Photo(still): KEITA Styling: Miku Ikeda Hair&Make: Yuki Ishizawa Model: Mayuko Sehata(IDEA)

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ