体臭が突然きつくなるのはなぜ?

06 May 2019

体臭が突然きつくなるのはなぜ?

生きていれば、時折おかしな症状(ものすごく不快な体臭など)が出て、穴があったら入りたい気分になるもの。そこで今回はアメリカ版ウィメンズヘルスが、体臭が突然きつくなる原因と、いざというときの対処法を専門家に聞いた。

突然の体臭が治せる理由

それは、この問題が一時的なものだから。強烈な体臭が突然するようになるのは、意外なことにストレスのせいかもしれない。人体には2種類の汗腺がある。全身にあるエクリン汗腺は、体温を下げなければならないときに無臭の液体を分泌する。でも、脇の下に多いアポクリン汗腺は、あなたが不安を感じたときに超活性化し、タンパク質が豊富で脂っぽい汗を分泌する。米マウントサイナイ・アイカーン医科大学の皮膚科学・美容外科学長、フーマン・コラサニ医学博士の話では、この汗が皮膚上の細菌に接触すると悪臭が放たれる。

ストレスを感じていないのなら、体臭の原因は特定の食べ物にあることが考えられる。コラサニ医学博士いわく、カレーやニンニクなどのスパイス、玉ねぎ、芽キャベツ、アスパラなどの野菜からは、硫黄を始めとする化合物が漏れて汗腺に入り込むことがある。そうすると、6~12時間後にカビまたは尿っぽい体臭がし始める。


突然の体臭の治し方

07_栄養士が考える今すぐ健康的な食生活に切り替える方法8つ

ストレス関連の体臭は、ストレスが減るや否や消えていく。米ジョージア皮膚病・皮膚がんセンターの皮膚科専門医、ローレン・エッカート・プロック医学博士は、それまでは、アルミニウム・ジルコニウム・テトラクロロハイドレックス・グリシン(汗をブロックする従来のアルミニウムより低刺激)という成分が19~20パーセントの割合で入った制汗剤を使うよう勧めている。しょっちゅう過剰な汗が出る場合には、より強力な制汗剤や経口薬が処方されることもある。

ストレスが原因ではないのなら、問題となっている食品の摂取を控え、フルーツの摂取量を増やしてみよう。オーストラリアの研究によって、フルーツをたくさん食べる人の汗は臭いにくいことが分かっている。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text:Cassie Shortsleeve Translation:Ai Igamoto Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ