脳内で食欲を抑えてくれる食べ物って?

08 October 2017

脳内で食欲を抑えてくれる食べ物って?

特にあなたが何か食べたい! という誘惑を避けるためにベストを尽くしているなら、あなたの摂食欲求のレベルはBとなる。けれど、その摂食欲求がストライキをするときに助けてくれるもの、それは、シンプルに2・3粒のくるみを食べることであると新しい研究で発見されたそう。その内容をアメリカ版「ウィメンズヘルス」からご紹介。

くるみはヘルシーではないものを食べたいという衝動を抑えてくれるそう。

 

それは、ジャーナル誌『糖尿病、肥満、代謝(Diabetes, Obesity and Metabolism』で発表された新しい二重盲検試験から取り上げられた。研究のために、研究者は10人の肥満の人々を2回に渡る5日間のセッションに参加させる目的で、臨床研究センターに住まわせた。

 

そして、何を食べたか、参加者のあてにならない報告に頼るのではなく、制御された環境で、それぞれの参加者が何を食べていたか、科学者が正確にわかるようにした。1つのセッションの間では、米国糖尿病協会(ADA)の食事ガイドラインによって推奨される一人前の量の48gのくるみを含むスムージーが毎日参加者に与えられた。別の参加者は似ているが、くるみを含まない同じ様な味のスムージーが与えられた。

 

次のセッションでは、セッション1で、くるみ入りのスムージーを与えられた人は、くるみを含まないスムージーが与えられ、そして、別の参加者はその逆を与えられた。

 

5日後に、試験参加者に磁気共鳴映像法(MRI)が用いた状態で、ハンバーガーとデザートのようなおいしそうな食品の写真、ヘルシーな野菜のような写真、そして、花や石のようなニュートラルな写真を見てもらった。おいしそうな食品の写真を見せられた時、くるみのスムージーを飲んだ人は、衝撃と食欲を管理する脳の一部が、飲まなかった人々と比較して活発になった。

 

研究者はくるみを食べることが”インスラ(insula)”と呼ばれる脳の一部に衝撃を与えると結論づけた。参加者は、くるみ入りのスムージーを飲んだ後は、くるみなしのスムージーを飲んだ時よりも、空腹を感じないと報告した。

 

インスラの一部への刺激が精神的な支配に関与していると、研究者は言う。それは、もっと食物の選択に注意を払い、おいしいけれど、ヘルシーではない食物を避けて、ヘルシーな食物を選択することができるのを意味する。

 

しかしながら、 研究者は、より多くのくるみを食べることによって、更に精神的な支配にまで至るかどうか、影響がしばらくしてから安定水準に達するかどうかについては、まだよく解明されていないと言う。もちろん、くるみが健康に良い影響を及ぼすということは、知られていることだけれど。

 

くるみはオメガ-3脂肪酸(心臓に好ましい脂肪)分が高いと、米国心臓協会(The American Heart Association)は指摘している。しかし、くるみは脂肪分もかなり高いため、米国心臓協会が一人前の摂取量を約42gとするように薦めている。その量は、研究で参加者が1日に摂取したのとほぼ同量。

 

摂食欲求が健康な食生活のための努力を阻んでいたなら、2・3粒のくるみを毎日の食生活に加え、それがどう作用するか試してみて。それは、あなたが思っているよりも効果的かもしれない。

 

https://www.womenshealthmag.com/weight-loss/stop-cravings

Text: KORIN MILLER Translation: Kanako Iwaki  Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ