有名ゴッドハンドが警告! 急増中の「スマホネック」にご用心

31 January 2019

有名ゴッドハンドが警告! 急増中の「スマホネック」にご用心

スマートフォンやPCに長時間、向かっていると、首のアーチが徐々にまっすぐになり、気づかぬうちに“ストレートネック”になってしまっていることをご存じ? 通称“スマホネック”の実態と解決法を、ゴッドハンドで知られるアンチエイジングデザイナー、村木宏衣さんに聞いた。


ただいま急増中! “スマホネック”の実態

_1.jpg

1カ月に約100人のケアを行う村木宏衣さん。筋肉と骨格、リンパにアプローチするのが村木式メソッドの特徴。
「ケアにいらっしゃるほとんどの方が今、“スマホネック”と言っても過言ではありません。スマホネックのいちばんの原因は、スマホやPCを覗き込むような前傾姿勢を長時間続けることです。頭は平均5Kg。通常、首のアーチでうまく支えていますが、アーチのないストレートネックだと約3倍の負荷がかかると言われています」


健康被害に加えて、美容も大ダメージ

_1.jpg

スマホネックの悪影響はたくさん。「まず、首のコリが強まり“食いしばり”が起こるので、頭に血液が回りにくくなります。その結果、目が疲れやすくなったり集中力も低下します。また食いしばりは頭のコリを招くので、頭痛や吐き気を招くことも…」

「それから肩が前に丸まると呼吸が浅くなり、睡眠の質の低下につながります。さらに、目が見えづらくなると目を細めるため、眉間や額にシワが寄ったり、険しい顔になるという美容的なダメージも発生するのです」


壁を使って“スマホネック”をチェック!

_1.jpg

あなたの首は大丈夫? スマホネックかどうか、壁を使ってチェック!
「かかととお尻、肩甲骨を壁にぴたっとつけてください。そのときに、頭が壁につけば大丈夫。頭が浮いてしまったら、首が前傾になっている証拠です。それから、目薬を差しづらい、うがいをしづらいという人も注意」


解決法その1~首をマッサージ

1.jpg

耳の後ろから鎖骨へと通っている“胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)”をほぐす方法。

「胸鎖乳突筋を、写真のように親指と残りの4本で挟むように軽くつかんだら、首を横に2回、縦に2回振ります。これを5セット行ってください。それから、4本の指で首の後ろを軽くほぐすのもおすすめです」。スマホネックの人は、首の後ろの筋肉を使えていないのも特徴のひとつ。


解決法その2~足先から背中をゆるめる

2.jpg

「壁に手を置き、肩幅より少し広めに脚を開き、上半身を90°曲げます。そのとき顔は前に向け、肘と膝裏を伸ばしてお尻を突き出すような体勢に。15秒ほどその姿勢をキープしたら、同じ姿勢のまま右側に傾き、右肩に体重をかけるよう肩甲骨を意識します。左肩も同様に行いましょう」。デスクワークなどの合間に、こまめにするのが有効。
※写真はイメージ


解決法その3~いすにタオルを敷く

3.jpg

「いすに座るとき、座面の後方、お尻の1/4付近にへりがくるように、2~3㎝の厚さに畳んだバスタオルを敷きます。バスタオルの代わりに1㎝くらいの厚さの本や雑誌を使ってもOK。骨盤は後傾だと前のめりが強くなりますが、この方法なら自然と骨盤が前傾になるため、背骨がすっと伸びます」


解決法その4~テニスボールで肩甲骨をゆるめる

4.jpg

「まず仰向けになり、肩甲骨(左右どちらからでもOK)からボール約1個分下の部分、背骨から3㎝くらい外側のところに、テニスボールを置きます(テニスボールの上に寝るイメージ)。その状態のまま、ボールを置いた側の腕を体と垂直に、まっすぐ上に伸ばします。そのとき、指先をしっかり伸ばして。次に脇を閉めるように腕を真下に下ろします。テニスボールを肩甲骨のへりに沿って上にずらしながら、肩に届くまで、同じ動作を行います。つらい人は腕の上げ下げをせず、深呼吸をするだけでもOK」。もう片方の肩甲骨も同様に。


解決法その5~スマホを目線まで上げる

5.jpg

「スマホを使うとき、極力目線がまっすぐになるよう、上げるのがおすすめ。そのときスマホを持っていない方の手をグーにして脇に挟み、口角を上げると、前傾姿勢でたるみがちなフェイスラインをリフトアップできます」


お話を聞いたのは、村木宏衣さん

_1.jpg

大手エステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど、女性の悩みに対して独自の「村木式」美容メソッドを確立。多くの女性誌に美のスペシャリスト、ゴッドハンドとしてたびたび登場。

N.YやL.AなどでセレブリティやVIP顧客を対象にケアを行うほか、日本では東京・半蔵門に「Amazing♡beauty」(http://amazingbeauty.jp/)をオープン。インスタグラムhiroi_muraki(https://www.instagram.com/hiroi_muraki/)では、ビューティライフを日々リポート。『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社刊)が好評発売中。

Photos:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ