祝33歳! 女優スカーレット・ヨハンソンの魔性ボディのつくりかたを拝見

22 November 2017

祝33歳! 女優スカーレット・ヨハンソンの魔性ボディのつくりかたを拝見

11月22日に33歳の誕生日を迎えた女優スカーレット・ヨハンソン。小柄ながら豊満なバストと“完璧な黄金比”とたたえられるグラマラスなカーヴィーボディを誇り、デビュー当初からマリリン・モンローの再来と言われ、米『エスクァイア』誌では「最もセクシーな女優」の常連であり、2度の栄冠に輝いたことも。男性陣を悩殺し、女性にとっては憧れボディの筆頭ともいえるスカヨハの美ボディメイクの秘密を徹底追跡!


激しいワークアウトでボディメイキング

_1.jpg

自身のボディについて、ダイエットを強要せずに好きなことをしていると語り、身体を動かすことは好きだけれど、ダイエットを目的とした過度な運動は好まないと語るスカーレット。しかし、アクションシーンが多い『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウなど、役柄上どうしてもダイエットをしなければいけないときは、トレーナーをつけて身体を絞ることも。トレーニングに飽きないようにとさまざまな種類の動きを取り入れてワークアウトメニューを考案してくれるという、スカーレットの専属トレーナー。1回あたり90分ほどのトレーニングは、ボディー・ビルディングやプライオメトリクス(ジャンプ・スキップ・ホップのような激しい運動)などのさまざまな運動を組み合わせたマーシャル・アーツ(キック・ボクシング、空手、柔道を含む)を中心とした、かなり激しいワークアウト。


エクササイズのルーティンはジョギング

_1.jpg

Splash/ アフロ

日常的なワークアウトはジョギングや腕立て、ジャンピングジャック(足の開脚運動)というシンプルな運動を組み合わせたもので、30分程度。特にジョギングは手軽に取り入れられることから、妊娠中も走っていたそう。


スカーレット流ヒップアップエクササイズ

_1.jpg

スカーレットのカーヴィーボディのなかでも、特に魅力的なのが、あの上向きのぷりっとしたヒップ。スカヨハ風セクシーヒップに近づきたいひとは、彼女が実践するこちらのエクササイズに挑戦して! 

1.前屈姿勢のように、両足を前にそろえて座る
2.両肘を床と並行になるように上げて、腰をひねりながらお尻歩きで10歩前進
3.10歩後退

これを1日5セット続ければ、魔性ヒップはあなたのもの!?


“最も美しい肌”の秘訣はリンゴ酢×レモン汁

_1.jpg

Splash/ アフロ

スカヨハといえば、触れたくなるようなマシュマロ肌も最高に魅力的。そんな美肌の秘訣は、リンゴ酢×レモン汁を拭き取り化粧水として使うことだそう。洗浄後の肌に拭き取るようになじませることで皮脂汚れやざらつきをクリアにし、次に使う化粧水や美容液などを浸透しやすくさせてくれるという。肌を柔らかくして、バランスも整えてくれるので、肌荒れにも効果的! 早速トライして、毛穴知らず&年齢不詳のすべすべボディを手に入れて。


パレオダイエット

_1.jpg

“旧石器時代の食生活”という意味のパレオダイエット。「環境はどんどん進化してきたけれど、人間の身体そのものは旧石器時代から変わらないから、人間に最適なのは旧石器時代の食生活」という考えに基づいた食事法。食べていいのは、肉・魚・貝・果実・葉物・ナッツなど。穀類・豆類・乳製品・加工食品などの、農耕革命以降のものは基本的に口にしてはいけないという。1日の食事が炭水化物20%、タンパク質30%、脂質50%、ビタミン・ミネラルは特に制限をしないといった比率を推奨していて、炭水化物を減らした分をタンパク質と脂質で補うので血糖値を抑えつつ体脂肪を燃やすので体重が落ちるという仕組み。スカーレットは妊娠直後にこのダイエットを実行し、さまざまなワークアウトとの相乗効果で、見事2カ月で元のスリムボディに!


ロービーガンダイエット

_1.jpg

INSTARimages/ アフロ

スカーレットおすすめのダイエットは、ローフードダイエットとビーガンを組み合わせたメソッド。肉や魚、乳製品はとらないで、代わりに生のフルーツと野菜はいくらでも食べてよいという。脂肪分の摂取が減るので自然に痩せるとか。また生の野菜に含まれる酵素が体の代謝をアップさせてくれ、すでについてしまった憎き脂肪も効率的に燃やすことができるという。この方法で映画『アベンジャーズ』のラバースーツ姿に挑戦したといううわさも。

Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ