【今週の人気記事ランキングTOP10】ストイックになりすぎてない? 自分の体の声に耳を傾けてみて

19 May 2019

【今週の人気記事ランキングTOP10】ストイックになりすぎてない? 自分の体の声に耳を傾けてみて

ウィメンズヘルスでは、心と体がハッピーになるための情報を毎日お届け。そのなかでも今週、特に人気だった記事TOP10を発表! 運動のやりすぎやエストロゲンに関する記事が多くランクイン。
(5月5日~5月12日)


10位 知りたい! 気持ち良くスポーツを楽しむために必要な「エストロゲンとの付き合い方」

10

女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、女性にとっていかに大事かという話を4回にわたって取材。最終回はエストロゲンのバランスを極力乱さず、運動を楽しむためのポイントを専門家に伺った。

  

記事を読む


9位 女性ホルモン、エストロゲンがもたらす驚くべき力。妊娠・出産だけじゃない働き、知ってる?

9

私たちにとって大切なホルモンであるエストロゲンは、実は月経・妊娠・出産に関与しているだけではない。そんな、体のさまざまな部分に働きかけてくれているというエストロゲンについて、イーク表参道副院長の高尾美穂先生にお話を伺った。

 

記事を読む

 

8位 34kgのダイエットに成功! そして、7年間リバウンドなしの秘訣とは?

8

かつて34kgのダイエットに成功し、7年間リバウンドなしのフィットネスコーチ、ジェス・ドゥークス。そんな彼女のダイエットの成功方法と体型維持の秘訣について、オーストラリア版ウィメンズヘルスからご紹介。

 

記事を読む

 

7位 スポーツ女子こそ、ファンデにこだわろう。目的別、“塗ると肌が喜ぶ”ファンデ5選

7

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんによると、保湿と保護の役割も果たしてくれるファンデを塗って運動するほうが肌にはいいそう。ファンデを塗るべき理由とおすすめの新作ファンデを長井さんから教わった。

 

記事を読む

 

6位 続けられる確率がアップ! 「性格別」ダイエット方法

6

ダイエットはある程度の期間続けなければ、なかなか結果が出せないもの。アメリカ版ウィメンズヘルスによると、一人一人の性格によってどのようなダイエットなら「続く」のか、大きく変わってくるそう。あなたはどのタイプか、チェックしてみて。

 

記事を読む

 

5位 サラダのみはNG! 夕食にはおすすめできない「6つのメニュー」

5

ピザ、ハンバーガーにフライドポテト……ジャンクフードが不健康であることは周知の事実。ダイエット中に最も重要視したい夕食では、いったい何を避けるべき? 定番の夕食メニューをヘルシーにする方法をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

 

記事を読む

 

4位 厚底ソールで美脚効果も。2019年注目したいおしゃれダッドスニーカー図鑑

4

セレブやモデルの間で火がついたダッドスニーカー。ブームは衰えることなく、今シーズンもおしゃれで機能的なアイテムが続々登場している。今回は、厚底ソールで美脚が狙えて、いつものファッションにも取り入れやすい進化系ダッドスニーカー10選をご紹介。

  

記事を読む


3位 体を守って! 「なりきりアスリート」「運動やりすぎ女子」になっていない!?

3

数年前から続くランニングブーム。しかし、医師やスポーツ指導者からは、「自分のレベル以上に頑張りすぎて、体を壊している人も少なくない」と指摘する声も出てきている。整形外科では、1~3月は無理な走りで故障した、“やりすぎランナー”が急増するという。

 

記事を読む


2位 女性の9割はセルライトあり! お尻のでこぼこを取り除きたいなら、行うべき「8つのこと」

2

女性の体のさまざまな部位にセルライトが現れるのは、実はごく当たり前のこと。しかし、どんな女性もセルライトをなくしたいはず。そんな女性の敵である、お尻のセルライトを取り除くためにできる8つの生活習慣を、イギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

 

記事を読む


1位 ストイックなルーティンから生まれた土屋太鳳のバネのあるカラダ

1

今期でASICSのブランドアンバサダーを務めて4シーズン目となる女優・土屋太鳳さん。3歳からクラシックバレエを始め、CMなどでキレのあるダンスを披露している。しなやかで、強靭。相反する要素が共存する魅力的な身体の秘密や、スポーツとの向き合い方に迫る。

  

記事を読む

Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ