正しいパートタイムダイエットの3つのルール

10 March 2018

正しいパートタイムダイエットの3つのルール

食生活を全面的に見直すなんて、心の準備ができていない? このステップに従えば、パートタイムダイエットができるかも。

ダイエットは大変、それが現実。でも、ダイエットを時々にすれば、カロリーを計算し、チーズバーガーを諦める苦しみが和らぐって知ってた? これが、急に流行り出したパートタイムダイエットの背景にある考え方。サロン誌のライターも、大好きなローストチキンが食べられるようにヴィーガンを半日にすることで、どれだけ気が楽になったかを語っている。これと同様に、一時的な断食も一定期間のみ断食するというコンセプトに基づく。最近では、セレブですらフレキシブルになってきた。過去にも、ビヨンセとJay-Zがひと月のうち22日間をヴィーガンで過ごしている。

 

パートタイムダイエットには、それなりの利点がある。米フィラデルフィアの公認栄養士ジャネット・ブリル博士によると、抑制の効いたパートタイムダイエットを暴飲暴食のパートタイムダイエットで補おうとしない限り、体重は減り健康も改善するはず。ただし、フルタイムダイエットと比べれば、当然ペースは劣るそう。また、特定の食品を常に我慢することがないため、フルタイムダイエットを非常に困難にする喪失感を抱える確率も少ない。なるほど。

 

でも、欠点はある。ブリル博士いわく、本気で食習慣を変えなければ、ダイエットの効果や健康上のメリットを長期的に維持することは難しくなる。さらに、パートタイムダイエットはツルツルした滑り台。厳しく定義しておかないと、一瞬で滑り落ちる。やってみたいなら、3つのルールに従おう。

 

カロリーを減らしすぎない

1日の摂取カロリーが800kcalを下回ると、エネルギーが不足し、機嫌が悪くなる。それどころか、体が飢餓モードに入って脂肪を離さないので、ダイエットにもならないという。基本的に、体が陰謀を企てようとするので、体重を落としたり健康を改善したりすることはできない。

 

汗をかくのを忘れずに

エクササイズだけで体重を大幅に減らすのは大変。でも、ブリル博士によると、食事制限のない日の運動は、落とした体重を維持するのに役立つそう (食事を制限している日は体力が少ないので、激しいワークアウトを控えてもOK)。アクティブでいれば活力やムードが高まり、パートタイムダイエットにも耐えやすくなる。

 

痩せるだけではなく、健康のためにも

そう考えれば、パートタイムダイエットが美味しい物不足の食事制限ではなく、人生の可能性を広げるポジティブなものになる。ブリル博士いわく 「これで奪われた感が無くなり、続けるのが楽になる」 んだそう。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Esther Crain Translation: Ai Igamoto Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ