年齢は関係ない! “おっぱい番長”から教わる美バストを作る習慣、NG習慣とは?

26 February 2019

年齢は関係ない! “おっぱい番長”から教わる美バストを作る習慣、NG習慣とは?

バストの位置が低い、おっぱいが離れている……。バストにコンプレックスを抱えて生きている女性は多いけれど、どうしたらその悩みを解決できるの? そんな迷える女性たちに救いの手を差し伸べるのが、“おっぱい番長”こと、経絡整体師の朝井麗華さん。悩める女性の駆け込み寺である彼女に、バストにまつわる生活習慣とブラジャー選びのコツについて伺った。

朝井麗華さん

経絡整体師・施術アドバイザー・サロン監修 朝井麗華さん

株式会社キレイカンパニー代表取締役。臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(すいな)療法の素晴らしさに目覚める。推拿をベースにした小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。なかでもバストを中心とした施術の的確さから“おっぱい番長”と呼ばれ、タレントや女優からも絶大な支持を誇る。サロン『氣Reika』は予約5年待ちで、「日本一予約の取れない整体師」と呼ばれている。著書に「おっぱい番長の乳トレ(講談社)」など多数。http://reika-asai.com/ 朝井麗華プロデュース「私のキレイを作る“meシリーズ”」https://me-official.com/

前回の記事で30代からのバストや体の変化について教わり、年齢に関係なくおっぱいは変えられることが分かった。じゃあ、さっそく乳トレを……とその前に、美バストになるため取り入れたい生活習慣、逆にしてはいけないNG行動、ブラ選びについて学ぼう。


今すぐできる! おっぱいにいい生活習慣とは?

「とにかく姿勢を正しくすること。あとは、深呼吸をよくするといいですね。呼吸が浅いと、大胸筋や肋間筋が硬くなります。深呼吸は、内肋間筋(ないろっかんきん)を柔軟にして、体の内側から筋肉運動・ストレッチと働きかけてくれます。肺を膨らませるように、深~く呼吸するのがポイント。これは、気づいたときにいくらでもやってほしいですね」

また、積極的に摂取したい食べ物があるとか。「何かを食べたら、突然胸が大きくなる! なんてことはありませんが、皮膚の弾力をアップするためにコラーゲンが豊富な食べ物はぜひ食べてください。タンパク質(プロテイン)をとにかく摂って! 健康な体づくりに欠かせないタンパク質を摂取して、皮膚を美しくすることが美バストにつながります」

さらに、意外なあの食べ物も、バストにいいらしい。「フェンネルやフェヌグリークなどのスパイスはエストロゲン類似作用があり、女性ホルモンの分泌をサポートしてくれます。その結果、美バストのサポートをしてくれるんです。カレーなどのスパイスが効いたものは積極的に食べたいですね!」


ダメおっぱいにしてしまう! やってしまいがちなNG行動は?

「シンメトリーな状態を崩す、偏った負荷がかかる姿勢や行動はNGです。左右均等な体をつくることが美乳につながるので、バッグを片方の腕でずっと持ち続けることや、同じ腕ばかりでの片肘付き、足を組むなど、偏る仕草はやめましょう。あとは、体を冷やすこともNG。血液循環が悪くなってこりがたまるので、できるだけ体は温めてください。特に関節は皮膚が薄くて血管と外気の距離が近いため冷やされやすい部位。首はスカーフ、足首はレッグウォーマーなどで防寒してくださいね」


スポーツ女子は要注意。おっぱいの上下揺らしは美乳の敵!

クーパー靭帯という言葉はよく耳にするけど、実際のところどんなもの? 朝井さんいわく、「ミカンの入ったネット」のようなものだそう。「クーパー靭帯は、イメージでいうとミカンの入っているネット。ミカンがおっぱいだとして、ネットをぶんぶん振り回したらどうなるのか分かりますよね? ネットが伸びて、場合によっては切れてしまう。ミカンのネットは、切れてしまったら元には戻せませんよね? クーパー靭帯も同じです。クーパー靭帯は天然のブラジャーで、切れたり伸びたりしたら二度と元には戻らない。とにかく美乳を保ちたいのであれば、揺らさないで。スポーツをするときには特に気を付けてほしいです。スポーツブラはバストをとにかく揺らさないものを選んでくださいね。正直、美乳のことだけを考えるなら、上下動が多いランニングや縄跳びはおすすめしません」


美バストを保つためには、どんなブラジャーがいいの?

purimier

「胸のためを考えると、きゃしゃなデザインのブラジャーはあまりおすすめではありません。ビスチェのようにブラジャーの下の部分が太いものがいいですね。太ければ太いほど、バストをぐっと支えてくれます。また、ホックは多いほうがベター。3段くらいはあるほうがいいですね。あと、脇高でサイドのボーンが入っているほうが胸のサポートに役立ちます。さらにいえば、肩ひもが太くてしっかりしていること。こちらも胸をしっかりと支えるためには必要不可欠です。サイズはお店でフィッターさんにしっかり聞いて、自分の体に合ったものを選んでください。おすすめなのが、プルミエの“ラ・テール”というブラ。私もいくつか持っているのですが、しっかりと胸を支えてくれる優秀なブラジャーです。見た目がかわいくて、価格もお手頃です」

ブラジャー 各¥6,300/プルミエ南青山店
※ピンク、オフホワイトは3月末発売予定

プルミエ南青山店

南青山店店内

住所/東京都港区南青山6-2-2-107
Tel. 03-5774-5888
http://www.prmr-tky.jp/


意外と知らない基本の「き」。ブラの寿命は? ケアはどうすればいい?

「もちろん製品によりますが、週1回使うブラジャーなら3カ月~6カ月くらいが寿命です。できるだけ長く使うには、普段のケアが大切。洗濯機で洗濯すると、ワイヤーがすぐゆがんでしまって、だめになりやすくなります。さらに、柔軟剤を入れると布が伸びやすくなるので絶対NG。できるだけブラジャー専用の洗剤を使って、手洗い・つけ置き洗いをしましょう」

ちょっとしたNG行動が、バストの運命の分かれ道。自分の生活習慣を見直して、ヘルシーおっぱいを目指そう。次回はいよいよ、おっぱい番長直伝の乳トレをお届け。お楽しみに!

乳トレのメソッドについて詳しく学びたい方は、朝井さんの著書もチェックして。

 

Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ