ジム通いも長続きしそう!? 男前パーソナルトレーナーに出会えるジム

13 January 2018

ジム通いも長続きしそう!? 男前パーソナルトレーナーに出会えるジム

都内で人気のイケメンパーソナルトレーナー3人の魅力に迫る!

自分の理想のボディに近づくためには、しっかりとコンサルティングしてくれるパーソナルトレーナーに見てもらうのも時には必要。そこで今回は、都内で人気の男性パーソナルトレーナー3人をピックアップ。親身になって身体作りをサポートしてくれる男前トレーナーたちのもとでならジム通いも長続きするかも!?


パーソナルトレーナー/鈴木雅哉さん

masayasuzuki1

ニックネームは王子! 年齢不詳の爽やかトレーナー

2016 ミス・ユニバース・ジャパン ビューティキャンプ講師、BESJ認定マットピラティストレーナー、Body Code System in Italy認定MasterStretchトレーナー

東京渋谷の個性派パーソナルトレーナー集団「Sharez」所属。渋谷に男性専用、女性専用のパーソナルトレーニングジムを2店舗運営。ハードトレーニーから高齢者まで、老若男女対応可能なトレーナーが揃っている。

Sharezメンバーメディア/https://fitness-sharez.com/
運営会社:https://www.okazakibesabaay.com/
公式HP/http://masayasuzuki.com
インスタグラム/https://www.instagram.com/masa.1127/

 

――トレーナーとしてどんなレッスンをしていますか?

「ピラティスの要素を取り入れて自らの身体をコントロールしていくものから、自重トレーニング、マシンやダンベルを使ったウエイトトレーニングを組み合わせてクライアント様の身体や要望に合ったメニューを提案しています。また、大前提としてケガをしない身体作りを意識しています」

 

――トレーニングで大事にしていることはなんですか?

「まずは身体にとっていい状態を作ってからトレーニングを行うようにしています。身体にとっていい状態とは、股関節や足首の動きがスムーズだったり、筋肉や身体の使い方の悪い癖などが改善されている身体です。ピラティスなどの要素をメニューに取り入れているのも自分の身体をコントロールする術や、自分の身体を上手に使える感覚を養ってもらうためなんです」

IMG_0320_R

――トレーナーになった理由は?

「もともと体育系大学出身で、美容メーカーに勤めているときにもっと総合的に身体を見ていきたいと思うようになったのがきっかけです。お一人お一人の最大限の美や健康を引き出すためには美顔器や健康器具だけではなく総合的に見ないとだめだと思ったんです。そのために運動や食事、そしてメンタルなど総合的なところから見たメニューを提供させていただくことができるパーソナルトレーナーになろうと思ったんです」

 

――休みの日は何をしていますか?

「高校の時から器械体操をやっているので体操の練習をしています。トレーニングをしたり、セミナーに参加して勉強をしています。もう少し時間ができたら定期的に海外旅行をしたいなと思っています。もちろんリフレッシュも兼ねていますが、視野を広げて、自分自身の成長に繋げられるようにできるだけ休みを見つけて行けるようにしていきたいです」

masayasuzuki2_R

――読者にメッセージをお願いします!

「身体の正しい使い方や基礎を知ってトレーニングすると女性はぐっときれいになるので、ぜひ気軽に体験トレーニングにいらしてください。女性のそれぞれのフェーズに合わせて“自分史上最高”を目指していきましょう」


パーソナルトレーナー/井上将太さん

shotainoue1

Sなトレーニングには愛がある! 元芸能人のスペシャルトレーナー

OASIS青山でパーソナルトレーナーとして活動したのち、個人でパーソナルトレーニングをスタート。柔軟性を高めるトレーニングから、基本のフォーム指導まで一人一人のクライアントの体質に合わせた指導を得意とする。

井上さんのトレーニングスタジオ
住所/非公開 
※問い合わせはインスタグラムのダイレクトメッセージもしくはメールにて受付中。
インスタグラム/https://www.instagram.com/shota.inoue.fitness/

 

――トレーナーとしてどんなレッスンをしていますか?

「まずはその人の姿勢や動きを見てウィークポイントを見つけます。そのあとメニューを決めています。僕が特に意識しているのは、柔軟性を高めるトレーニングです。柔軟性を高めてからではないと、トレーニングの基礎であるフォームもきれいになりませんし、何よりケガにつながったりもします。そのため、トレーニングに入る前にストレッチをしたり、自分だけではケアできない部分をしっかりほぐすことから始め、そのあとに体の筋肉バランスや弱っている部分を鍛えていきます。女性は柔軟性が足りないと筋力トレーニングをしてもきれいなボディメイクができないんです。主に自重トレーニングをしていき、自分でも家でできるように指導しています。自分のベストが分かればパーソナルトレーニングがいらない身体になりますし、それを一緒に目指していきます」

shotainoue2

――休みの日は何をしていますか?

「自分のトレーニングも仕事のうちだと思っているので、クライアントのトレーニングがないときは自分自身のトレーニングをします。トレーニングは毎日部位ごとに分けてしてます。友人と遊んだり、飲みに行ったり、旅行するのは年に10日くらい(笑)。あとは映画好きなので仕事終わりはずっと映画を観てますね。食事の指導もしているので。栄養のことも日々勉強しています」

 

――トレーナーになった理由は?

「ずっとスポーツをしていたというのもありますが、ジムで働いていたときに、高齢のクライアントさんがよく来ていて、トレーニングに来るたびに、彼らの身体がどんどん変わっていくのを見てすごく興味が湧いたんです。おぼつかない足もとがしっかりした足取りになったり、背中が曲がっていた方がいつのまにかまっすぐになっていたり。人間ってすごいなって思ったんです。高齢でもこんなに身体が変わる、しかも日常生活まで変わって表情も変わっていく。それを目の当たりにして、そんな変化をもたらすお手伝いを自分もしたいと思うようになったのがきっかけです」

shotainoue3

――読者にメッセージをお願いします!

「まず、皆さんの筋肉バランスや姿勢など悪い癖を一緒に見つけましょう。今まで何をやっても変わらなかったり、自分のやり方に不安がある際はなんでもご相談ください。あなたにとって一番いい身体に合わせてトレーニングしていきます。」


パーソナルトレーナー/漆畑ヴィクトルさん

victorurushibara

コンテスト優勝経験のある実力派! 褐色肌がセクシーなハーフトレーナー

株式会社B-STプロトレーナーズ所属。ティップクロスTOKYO渋谷にて、クライアントのニーズに合わせたトレーニング指導をしている。大会出場からシェイプアップまで幅広く指導可能。2016年NOVICE大会準優勝、2017年SSA福岡大会準優勝。

インスタグラム/https://www.instagram.com/b_sty_vic/
株式会社B-STプロトレーナーズ
住所/東京都新宿区西新宿7丁目1-7 317 
TEL/03-6380-8287 
HP/http://b-st.biz/personal.html

 

――トレーナーとしてどんなレッスンをしていますか?

「お客様一人一人のニーズや状態など、さまざまなことを考慮しながら、一緒に目標とする身体へ近づいて行けるように毎回トレーニング内容を調整しています。トレーニングをするたびに身体の変化を実感できるようなレッスンを心がけています。トレーニング内容は、思うにウエイトトレーニング中心です。その人に合ったボディメイクに合わせて負荷の重さやマシンのチョイスはもちろん、体質も考慮に入れてメニューを組んでいます」

victorurushibara3

――休みの日は何をしていますか?

「休みの日も勉強を兼ねてトレーニングをしています。お客様の身体を変化させるお仕事なので、自分自身もちゃんと手本になるように意識しています。あとは散歩したり、映画を観たり、カフェに行ったりして息抜きをしています」

 

――トレーナーになった理由は?

「もともと自分がトレーニングをしていたというのもありますが、最初のうちはトレーニングをするのは好きでも、指導することはあまり好きじゃなかったんです。ただ、指導をしていくうちに、自分の仕事はお客様の人生に関わり、その人がより良い方向に進むためのサポーターになれるんじゃないかと思うようになってからやりがいが生まれてきました。そんな職業は学校の先生以外にはトレーナーくらいしかないんじゃないかと思ったんです。実際にトレーナーになって大変なことも多いですが、それをストレスと感じた事は一度もないです。本当に素晴らしい職業だと思っています」

victorurushibara2

――読者にメッセージをお願いします!

「初めからいい身体の人も、トレーニングが大好きな人もいないです。けれど、身体が変わるにつれて辛いトレーニングも好きになっていきます。その過程で内面も磨かれ、いろんな人にも出会い、人間力も上がっていくので、ぜひお悩みの方は気軽にご相談ください。トレーニングをする、本気で身体を変える。これだけでいろんな恩恵を受けることができると思うので、もっとフィトネスがメジャーになるといいなと思います!」

Text:Nozomi Tokorodani

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ