ヨガをしながらマッサージ?心と身体が癒されるアクロヨガの魅力

04 June 2017

ヨガをしながらマッサージ?心と身体が癒されるアクロヨガの魅力

写真を見てびっくり!まるで組体操!?人の上で“器用に”ヨガのポーズを取っている画像をinstagramなどで見たことがある人がいるかも?一見難しそうなACRO YOGA(アクロヨガ)に興味津々! 初心者体験会に行ってきました!

会場で出迎えてくれたのは、日本でのアクロヨガの第一人者であり、ACRO YOGA JAPAN代表の西浦莉紗さん。アメリカ西海岸で生まれたアクロヨガ。もともと、ヨガの先生が生徒にポーズを教える中で、床で1人で行なうのが難しいポーズを、先生が生徒を足の上に乗せて練習するなどしてフォローした事がルーツなのだとか。そして、現在アクロヨガとして築かれているこのジャンルは、主に2人1組で行うヨガでありながら、タイマッサージの要素があるという。見た目からは想像もつかないマッサージ効果とは一体どういうことだろう……?

まずはボディーコミュニケーションで心を解放!

「では、まずは両手を床に着いて、歩き回ってみましょう!」「次に、だれかの下をくぐってみましょう!」リサ先生の声で始まった不思議なウォーミングアップ。「あ、すいません、通りますね」「失礼します……」なんて言いながら、みんなで動物のように動き回る。

P1310793

次に、ペアになって背中合わせで腕を組んだまま、立ったり座ったり。こんどは4人になって腕を組んで背中で支え合って息を合わせて立ったり座ったり。まだヨガっぽくはないけど……会場に笑い声が響いてみんな、なんだか楽しそう。

2人1組になると、向かい合って手を繋ぎ、タイミングを合わせてお互いの重心を後ろにかける。簡単なようだけど、緊張したり、遠慮したり、力ずくで支えようとしてもダメ。なるほど、相手を信頼して身体を委ねるようにリラックスして互いの良いバランスを見つける練習らしい。ちゃんと良いバランスがわかれば、身長差・体重差があっても大丈夫。手をつないだまま相手がマットに寝転がる、そこから手を繋いだまま起こすなどの基本の動きをいくつか経て、心が打ち解けてきたところで次のステップ!


“ここだ!”を見つければ、だれにでもできる!

次の練習では、ベース(下になる人)、フライヤー(上になる人)、スポッター(サポートする人)という3つのポジションに分かれ、ベースの人の上に乗ってみることに。

P1310795

手でひざを支えてくれるとはいえ、両脚をのせるにはちょっと勇気とタイミングがむずかしい!相手を信頼して思い切ってのせると次はグラグラ。お互いの手と足が、まっすぐ一直線になっていることがポイント。サポートを受けながら正しいポジションに直してもらった途端、ピタッと安定するから不思議!すごい、ここか!なるほど!

P1310797

相手の上に立つ時も、ベースが辛くなく、フライヤーも安定するちょうど良い足の置き場を何度も繰り返して見つけてみる。

P1310805

相手の上に立つ感覚を覚えたら、今度はひざの上に立ってみる。3人1組がベース、フライヤー、スポッターを交代しながらそれぞれがトライ。一体何の練習だろう?と思っていたことも、なんだかすべてが繋がってきた!

P1310816_edited-1

今度は、2人に挟まれて、手を使わず、足で身体を支える・委ねる練習。中央の人はキュッと体幹を締め、下の人は中央の人を無理なくバランスよく支えられる足を置くポイントを覚えて……。


ついに、初心者もダイナミックなポーズに挑戦!

ついに、初心者もダイナミックなポーズに挑戦!

「では、飛んでみましょう!」いよいよ、アクロヨガの中で最もメジャーなポーズ「バード」に挑戦! 身体をまっすぐに保つ腹筋、背筋はもちろん必要だけど、支えられている相手の足が適度に股関節を押してなんだか気持ちいい!ベストなポジションがわかれば、リラックスして相手の上で飛ぶことができた!

P1310830

最後に、膝の上に相手を乗せたポーズで下の人が背中をグリグリ、腰や足回りを揉んでみたり、揺らしてみたり。これがまた気持ちいい。一緒に1時間アクロヨガをやって打ち解けた同志でマッサージしてクラスは終了。

ものすごく難しそうなイメージをもっていたアクロヨガも、少しずつ段階をふんで身体の使い方やコツを覚えていくことができるのでヨガ未経験でも安心。なによりものポイントは、力で支えるのではなく、相手に身を任せてリラックスすること。骨盤調整やリンパマッサージ効果があるというのも納得。意外にも力はいらず、むしろ気持ちが良い!相手の支えと重力を利用することで、1人では難しいヨガのポーズもできるので、柔軟性、筋力アップも期待できそう。

体験してみると、イメージが180度変わったアクロヨガ!もっと色んなポーズに挑戦したい!なんて終わる頃にはすっかりアクロヨガの虜に。信頼感、つながり、好奇心を育み愛も深まると言われるユニークなヨガのスタイルは一度体験してみる価値あり。

P1310871

<ACRO YOGA JAPANワークショップスケジュール>
都内のレンタルスタジオ、イベントのワークショップなどで体験可能。
URL:http://acroyogajapan.tokyo

Text : Emma Nakajima

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ