メーガン妃、SNSをやめて「自由になった」と告白

23 October 2018

メーガン妃、SNSをやめて「自由になった」と告白

「ほめ言葉だけでなく批判も入ってくる」と、ソーシャルメディアの欠点も指摘していたそう。

Getty Images

ハリー王子との結婚により、女優業を引退したメーガン妃。ロイヤルファミリーの一員になるために、やめたものがもうひとつあるという。それは、SNS!

現在妊娠3カ月のメーガン妃は、ハリー王子と共にシドニー郊外のボンダイビーチを訪れ、地元のサーフィン団体「ワンウェーブ(OneWave)」と対面。その際ファンとも交流し、インスタグラムとツイッターを退会した理由について打ち明けたそう。

 

02meghan-markle-found-freeing-joining-royal-family.jpg

Getty Images

英『ハロー!』誌によると、メーガン妃は一般人のジェシナ・オークスさんに「ほめ言葉も批判も入ってくる」とソーシャルメディアの欠点を挙げつつ、SNSをやめたことで「自由になった」と告白。

ジェシナさんいわく、「メーガン妃はSNSをやめたことで、自由になったと言っていました。そして人々との繋がりを大切にしながら、お互いを助け合う『ワンウェーブ』の活動を素晴らしいと大絶賛していましたよ」とのこと。

メーガン妃はSNSのほかにも、自身のライフスタイルブログ『The Tig』も2017年4月に閉鎖。3年間続いたブログには、料理のレシピやギフトのアイディア、影響力のある人たちへのインタビューなどが掲載されていた。閉鎖時には、ファンに対し「みなさんは『価値ある人間である』ということをこれからも忘れないで。何度も伝えてきたけれど、私の優しい友達であるみなさんは、それだけの価値が充分にあるの」とのメッセージを投稿。

 

03meghan-markle-found-freeing-joining-royal-family.jpg

Getty Images

その後メーガン妃は、現地の一般人で同じく妊娠中のシャーロット・コーネルさんと、妊娠の話題で大盛り上がり。英『スカイニュース』のインタビューに応じたシャーロットさんは、「メーガン妃は妊娠の初期症状を時差ボケに例えていました」「今日は朝4時半に起きたそうです。そのまま眠れなくなったので、部屋でヨガを始めたと言っていました」とコメント。

今週はハリー王子とともにフィジーとトンガを訪問予定のメーガン妃。美しい海と豊かな大自然に癒されながら、引き続き快適なマタニティライフを過ごしてほしい。

Photos: Getty Images Translation: Reiko Kuwabara From ELLE UK

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ