【ホロスコープ】宇宙を揺るがす転換期。8月の新月と日食が起こした「運命の鳴動」

12 September 2018

【ホロスコープ】宇宙を揺るがす転換期。8月の新月と日食が起こした「運命の鳴動」

この夏、宇宙では世界を揺るがすような動きがあったそう。それは、去る8月11日の獅子座の新月などに代表される星の動き。12星座の全ての人に人生の転換期をメッセージした、星の配置の意味を解析! 8月から未来へ向けていろいろと考え直す時期が到来している模様。星が告げる言葉に、耳を傾けてみて。

獅子座の新月に、月が太陽を部分的に隠す部分日食も重なり、その晩にはペルセウス座流星群が降り注いだ。水星は相変わらず8月19日まで、見た目上は反対に動いてるように見える逆行の動きを見せた。これらは星の動きから見た場合、とんでもない事態が発生していたという。

これが当日、地上にもたらした影響は大きいそう。


獅子座の新月が意味するもの。そして8月の新月はスーパームーンだった!

古来、新月とはリラックスしながら人生について考えるのにふさわしい時期を知らせるものとされる。NASAいわく「この8月の新月は、月が地球にとても近い状態」。その結果、月が大きく見えるので、こうした月を スーパームーンと呼ぶ。でも、獅子座はパワフルな星座といわれるため、新月の影響が通常よりも若干パワフルになる。

カウンセリング心理学に詳しい占星術師であるドナ・ペイジによると、獅子座の新月では最後にもう一度だけ 「自分の心」 や 「幸せの源」 と触れ合いたくなり、「ありのままの自分を受け入れて大切にしよう」という気持ちもグッと高まる。


獅子座の新月と日食の関係……「未来への期待」を真剣に検討して

ニューヨーク市の占星術師で「My Path Anstrology School」の創設者であるレベッカ・ゴードンによれば、一般的に日食は“変化の入り口”を意味するのだとか。そして8月の日食は、すでにパワフルな新月を一段とパワーアップさせるものだったらしい。

その結果、来年進むべき “新たな道” が示されるそうなので「変化に対する心の準備」が必要となる。

ペイジによると「過去に区切りをつけ、未来に期待しようという強い衝動にかられるはず。今の段階では小さくてそれほど重要には思えないけれど、この先もっと大きく成長させたいことがあるならば、今こそ真剣に考えるときよ」


新月と日食が特に影響を及ぼした星座と、星が告げるメッセージ

誰もが影響を受けることになるけれど、ペイジによれば特に大きな影響を受けやすい星座があるそう。

ゴードンいわく、「獅子座にとっては今こそ “自分らしさを堂々と発揮する”とき。創造性が特にパワーアップするので、心の底から自分を表現するのをためらわないで。

獅子座の正反対に位置する水瓶座も、他の星座に比べて大きな影響を受ける。水瓶座の来年のテーマは、“恋愛と仕事におけるパートナーシップ”」

ペイジによると「牡牛座と蠍座は、獅子座と同じく “動かない性質” =特定の人生を欲しがる傾向にある星座。今回の新月と日食でワイルドかつ大胆な行動を起こし、人生で大きな意味を持つ新たな挑戦を始めるたくなる」そう。

結論。8月11日は、普通の土曜日ではなかったみたい!

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Korin Miller Translation: Ai Igamoto Photo: Getty images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ