ストイックなルーティンから生まれた土屋太鳳のバネのあるカラダ

10 May 2019

ストイックなルーティンから生まれた土屋太鳳のバネのあるカラダ

今期でASICSのブランドアンバサダーを務めて4シーズン目となる女優・土屋太鳳さん。3歳からクラシックバレエを始め、CMなどでキレのあるダンスを披露している。しなやかで、強靭。相反する要素が共存する魅力的な身体の秘密や、スポーツとの向き合い方に迫る。


「柔軟性は一生の宝」という母の教え

L1010064_R

幼少期から陸上、乗馬、スキー、バスケと、数々の踊りやスポーツに親しんできた土屋太鳳さん。スポーツ熱は冷めやらず、「スキー検定は今、2級を持っているので、いつか1級を取りたい」とどこまでも前向き。ダンスも、3歳からクラシックバレエと日舞を始め、プロ顔負けのテクニックと表現力で魅せる。
「クラシックバレエをやっていた時、母から『柔軟性は一生の宝になるから』と言われていたことを覚えています。そのせいか大人になった今でも、特に時間は決めず、常にストレッチはしていますね。テレビを見ながら、本を読みながら、スマホをチェックしながら、車に乗りながら。車では……寝入ってしまうことも少なくないですが(笑)」

ストレッチは、信頼するパーソナルトレーナーから習った方法を実践中。

「私は首が前に出やすい骨格で、骨盤が歪みやすいんです。とくに最近、筋肉を瞬間的に使うコンテンポラリーダンスを踊る機会が増え、筋肉の付き方が変わってきたと感じていました。そんな時に出会ったトレーナーなんですが、筋肉の繋がりを意識しながらやるといいと教えてもらい、頭を使いながら、筋肉を動かしています」
さまざまなスポーツやダンスをやってきた中で、一度も大きなケガをしたことがない。しなやかな肉体は、パフォーマンスのクオリティを上げるだけでなく、ケガのリスクを軽減してくれる。土屋さんにとって、まさに「柔軟性は一生の宝」なのだ。

着用ウエア:柄のタンクトップトップス¥5,000、グレーのカプリ丈タイツ¥5,500


スポーツでカラダを温めるのが、毎朝のルーティン

L1010499

ストレッチに加え、土屋さんが毎日のルーティンにしているのがアシックスのシューズとウエアでのランニング。不規則な仕事ながら、家を出発する2時間前に起きてロードを走っている。
「 シューズは筋肉を引き締る感覚で走れますし、ウエアもすごく軽くて素材が柔らかく気に入っています。走ってカラダを温めたほうがその日一日、ラクに過ごせるんです。気合も入りますしね。ただ、2年ほど前に舞台をやらせていただき、睡眠時間によって声の出方が全然違うことを知りました。それからは、6時間以上眠れない日は出発の1時間前起床にして、ランニングの代わりに、湯船に浸かった後にヨガかストレッチをして、カラダを目覚めさせています」


「恵まれたスタイルや体質ではない」という自覚

L1010149

大勢の人の前に立つイベントなどで普段以上に緊張した日は、「その緊張感によって筋肉が締まり、ラクに走れるから」とランニングに出掛けてしまう。そうやって、朝と夜1日に2回走ることは日常。なのに、自分はストイックだとは思ってない様子。
「人間だから『眠いな』『疲れたな』という日もあります(笑)。でも、私は背も低いし、脚がすごく長いわけでもありません。すぐ筋肉になるけども、脂肪もしっかりついてしまう体質でもあって……。それでも、できるだけカラダのラインを美しく見せたいですし、何より健康でありたい。だから、『今日は走らなくてもいっか』とはならないです」

着用ウエア:シューズ¥13,000(その他上の写真と同様)


絞っただけのカラダがキレイだとは限らない

L1010392

「大好きな食べることを大事にしていきたい」。そうした思いも、日々カラダを動かす大きなモチベーションになっている。
「私にとって、美味しいものを食べることは日常での楽しみ。その楽しみがなくなってしまわないように、しっかり動く! 自炊の方がメニューや量を調整しやすいので、自分のペースで作っています。大根とセロリをいっぱい食べたくなったら、中華ドレッシングとお酢&黒ゴマで2種類のサラダにしちゃうとか。それだったら大事な日の前夜でも、いっぱい食べても大丈夫じゃないですか。私の母が、はっきり言うんです。『私が見たいものはキレイなもの。絞ったからと言って、キレイだとは限らないよね』って」

着用ウエア:黒タンクトップ¥3,500、ブラトップ¥4,000、カプリ丈タイツ¥5,500、シューズ¥18,000


カラダを動かすことが、“自分らしさ”を作ってくれる

L1010380_R

この日の撮影では、土屋さんの即興ダンスを切り取った。真剣に、明るく、ダイナミックに。次々と出てくるリクエストに忠実に、目の動き、指先ひとつまで神経が行き届いた美しさに息をのむ。
「実は、このスタジオで授賞式用の写真を撮っていただいたことがあるんですが、その時の写真の手が死んでいて……。それがすごく悔しかったんです。だから今日は、絶対に手先を意識して踊ろうと決めていました」
テレビ番組でミニマラソンを走った時も、自分ではもっと速く走れると思っていただけに結果に満足できなかった。でも、あの時に追い込んだ経験は、限界を求められる演技に活かせるという。後悔や失敗もしっかりストックしていく。そうやって、土屋さんの表現力は無限に広がっていくのだ。
「どんな人でも、1日は24時間。私は常に、今の状況がずっと続かないかもしれないという危機感を持って、目の前のことに必死でありたいです。一瞬、一瞬の積み重ねによって人生が変わるとすれば、その中に、カラダを動かすことが入っていると、自分らしい時計の針が動き出すと思うんですよね。だから、みなさんにも是非、カラダを動かしてほしいです」

ASICSが掲げる「I MOVE ME」は、土屋さんのようにカラダを動かすことから変わる何かを信じている人にとってポジティブなメッセージ。これはランニング、ストレッチ、ダンス、様々な分野の中で自分にとってのMOVEな瞬間とともに成長しようとする女性をサポートしていくためのキーワードだ。
「ASICSのウエアは、それぞれ目的が明確で高性能なので、自分がやりたいスポーツに真摯に向き合いたい人にぴったりおすすめです」
土屋さんとASICSの今後に目が離せない。
フィットネスアイテムはこちらから⇨asics.com

土屋太鳳
つちや・たお 1995年2月3日生まれ、東京都出身。2007年デビュー以降、NHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインなど、数々の映画やドラマ、CMに出演。映画『8年越しの花嫁』で第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。現在、『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「ゴチになります20」レギュラー出演中。

お問い合わせ先/アシックスジャパン お客様相談室 0120-068-806 
※価格はすべて税抜きです。

photo: Shota Matsumoto styling: Yosuke Teduka hair&make Izumi Omagari text: Sakiko Koizumi

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ