専門家がレクチャー! 髪を早く伸ばす「8つの方法」

04 April 2019

専門家がレクチャー! 髪を早く伸ばす「8つの方法」

髪を伸ばしたいと思っているのなら、どうすれば早く伸びるのか気になるところ。
今回は、イギリス版ウィメンズヘルスから髪を早く伸ばすためのTIPSをご紹介。簡単なことばかりなので、参考にしてみて!


1.鉄分を十分に摂取する

GettyImages-604375571

女性には鉄分が不足しがちで、日本人女性の10人に1人は貧血と言われている。「鉄分は髪の成長に不可欠です」と話すのは、ヘアエキスパートで植毛外科医のクリス・デスーザ医師。

「鉄分が不足すると、体は血液中のヘモグロビンを産生できません。しかし、酸素が細胞(髪の細胞を含む)を修復し、成長させるためには、このヘモグロビンが必要となります」

鉄分不足を防ぐには、鉄分が豊富な食品をふんだんに摂取すること。ホウレン草のような濃い緑の葉物野菜、レンズ豆、カシューナッツ、赤身肉がおすすめだとか。鉄分不足かそうでないかを確かめたいなら、病院で検査を受けみよう。

 

2.亜鉛の摂取量を増やす

「十分な亜鉛の摂取は、毛髪組織の成長を維持するのに役立ちます」とデスーザ医師は続ける。亜鉛は髪の成長と毛包の保護に欠かせないミネラルだけれど、体内に貯蓄されないため、定期的に摂取することが非常に重要。
パンプキンシード、魚介類、卵、豆類(ひよこ豆やレンズ豆)は、どれも亜鉛の優秀な供給源。少なくとも週に数回は、こういった食材をミックスして取り入れよう。

 

3.セレンが豊富な食品を摂取する

認知度の低い微量ミネラルではあるけれど、セレンには、毛包が環境ストレス要因(大気汚染物質や紫外線など)と戦うのを助ける酵素が含まれているので、摂取すれば丈夫な髪の成長が促進される。「ヴィーガンならブラジルナッツ、そうでなければ卵、鶏肉、牛肉を摂取しましょう」とデスーザ医師。

 

4.枝毛を切る

枝毛を放置しておけば、どんどん枝分かれして切れていくだけで、それ以上育たないのでカットするしかない。
ロンドンのヘアサロン『Neville Hair & Beauty』に所属するシニアスタイリストのジャック・メリック=サールウェイは、「8~10週間に一度は毛先を切ってもらう」よう勧めている。「6カ月も放っておけば髪は確かに伸びますが、その場合、一度に15cmは切らないと健康に見えません」


5.ヘアアイロンやドライヤーの使用を控える

毎日のようにヘアアイロンを使っていると水分が奪われるため、弱く切れやすい髪になる。髪を伸ばしたいのなら、ドライヤーやヘアアイロンの使用を週2日までに抑えよう。

「熱いシャワーで髪を洗うのもやめましょう」とメリック=サールウェイ。熱によって髪のキューティクルが開くので、シャワーのあとにドライヤーをかけた瞬間、髪が切れる。ぬるいシャワーに耐えられない人は、浴室を出る直前に冷水で髪を洗い流そう。

 

6.サプリメントを飲んでみる

「栄養価の高い完璧な食生活を送っている人にサプリメントは不要ですが、そうでないなら、亜鉛と鉄分が豊富なサプリメントを試してみるといいでしょう」とデスーザ医師。

 

7.毎日髪をアップにしない

デスーザ医師によると、固く結んだヘアスタイルは髪の負担になりかねない。例えば、毎日のようにトップの髪をお団子にしていると、その部分がピンと張って切れやすくなる。前述の通り、一度切れた髪はそれ以上育たない。アップにするならスタイルを変え、時には下ろしてあげよう。

 

8.髪を強くするシャンプーとコンディショナーを使う

GettyImages-691089397

髪を鍛えるためにも、傷んだ髪を内側から修復するヘアケア商品を使ってみて。

メリック=サールウェイいわく、週に一度はトリートメントを使うといいそう。髪に塗布し、20分ほどたってから洗い流して(それ以上放置してもトリートメントは効能を発揮しない)

 

※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Claudia Canavan Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ