【花粉症対策2018】第3弾 今こそ知りたい、花粉症対策の基本&最新アイテム図鑑

09 March 2018

【花粉症対策2018】第3弾 今こそ知りたい、花粉症対策の基本&最新アイテム図鑑

花粉症の人にとって、ついにつらい時季が到来! 今季花粉症デビューをした人から、長年花粉症の人まで、今一度おさらいしたいのが、花粉症の基本対策。案外見落としていたり、勘違いしていることが発見できるかも。さらに花粉症対策に役立つ新アイテムから人気の一品まで、厳選したリストをお届け!

花粉症とひと口に言うけれど、実はこれまでに約60種の花粉アレルギーの報告(*)があったそう。花粉症はそのうち、約50種(*)。最も多いのが、私たちがよく知っているスギによる花粉症。

意外なのが、ヒノキ。実はヒノキの花粉もスギの抗原と共通性があるため、スギ花粉症の原因に(*)。そのほかにもさまざまな草木の花粉症があるけれど、耳鼻咽喉科などの専門医療機関で自分がどんなアレルギーを持っているか、調べることが可能。

*……環境省「花粉症環境保健マニュアル-2014年1月改訂版-」より

 

まずは花粉症対策の基礎レッスン。「ブロック&持ち込まない」が基本

花粉は一般的には昼前後と夕方に多く飛散。まずは服やマスク、メガネなどで花粉が直接身体や粘膜に触れないようにすること。そして、帰宅したときは部屋に花粉を入れないことが重要なポイントに。

身体にフィットしたアウターを着ているから安心⇒×

服選びで重要なのがシルエットよりも素材。ウールは木綿や化繊よりも花粉がつきやすい(*)といわれ、また静電気も関係。帯電していると花粉がつきやすくなるので、ウール素材の服を着るときは静電気防止スプレーを使ってみても。ウールやフリースなどは避け、レザーやビニールなどのツルツルとした素材で花粉がつきにくくなる工夫を。また帰宅したら玄関先で花粉が舞い上がらないように優しく落として。最近では花粉をオフする専用ブラシなどもあるので、チェックしてみて。

マスクやメガネは苦しいし、見た目に影響するから避ける⇒×

あらためて見直したいのが、マスクやメガネの実力。マスクをつけると花粉の量を1/3~1/6に減り、鼻の症状を軽くする効果が(*)。マスクをつけるうえで注意したいのがフィット感。隙間があるとそこから花粉が侵入するので、ぴったりと合ったマスクを選んで。マスクは使い捨てタイプをチョイスして常に清潔なものを使うことも大切。インナーマスク(内側にガーゼを当てること)を使うと、さらに鼻に入る花粉の量がダウン(*)。

メガネをかけると物理的に花粉をブロックできるので、目に入る花粉量が約40%ダウン(*)。防御カバーがついた花粉症用のメガネでは、なんと60%もダウン!(*)。マスクとメガネは花粉症の人にとって、強い味方!

うがいはするけど、洗顔はバスタイム時なので後回し⇒×

喉には鼻を通過した花粉が流入している場合も。帰宅したら必ずうがいをして、喉に落ちた花粉をオフ。また顔にも花粉がついているので、うがい同様、帰宅したら洗顔することが大切。ただし、適当に洗顔すると花粉が鼻や粘膜に流れてしまうので、丁寧に洗って。

掃除や換気をするときは窓を半分だけ開ける⇒△

花粉の最盛期に行った実験。3LDK のマンション一戸で1時間の換気をした場合、およそ 1000 万個もの花粉が屋内に流入(*)! 窓を開ける幅を 10cm 程度にし、レースのカーテンをすると、屋内への流入花粉は約1/4まで減少(*)。

それでも室内に侵入した花粉は床やソファ、カーテンにしつこく残るもの。掃除をこまめにすること、部屋を加湿して鼻の粘膜を守り、花粉症の侵入を防ぐこともポイントに。また換気は花粉の飛散量が上昇する昼や夕方は避け、可能なら早朝や深夜に。


最新版から名品まで。花粉症対策アイテム「厳選図鑑」

飛散量が例年に比べて多いエリアもある、2018年の花粉症事情。そこで今シーズンの新製品や愛され続けているアイテムの中から、Women’s Healthがギュギュっと厳選してセレクト。花粉症対策の技術の粋が注ぎ込まれているので、全品くまなくチェックしてみて!

トラブルを抱えやすい肌を徹底リサーチ。揺るがない肌を育む新シリーズ

2011年にノンステロイドの外用薬ブランドとして誕生以来、PM2.5やアウトドア時の虫刺され対策なども包括して人気を集めているIHADA(イハダ)。そのIHADAからトラブルを繰り返す肌のための手厚いケアがシリーズで登場。全品に高精製ワセリンを配合。不純物を限りなく取り除いた純度の高いハイグレードなワセリンで肌を優しくラッピングして、穏やかで潤った状態をキープ。

イハダスキンケア1

(左)抗肌あれ有効成分配合し、繰り返す肌トラブルを予防。乾燥や刺激に揺るがない肌を育てる敏感肌用化粧水。花粉時季の荒れた肌をしみじみ潤す。イハダ 薬用ローション(とてもしっとり)(医薬部外品) 180ml ¥1,500/資生堂薬品

(中)濃密で穏やかな潤い成分がするすると肌になじみ、ふっくら柔らかな肌に仕立てる敏感肌用乳液。イハダ 薬用エマルジョン(医薬部外品) 135ml ¥1,600/資生堂薬品

(右)肌の上でとろんとなめらかにとろけ、ピタッと密着。ワセリン特有のかたさやベタつきがなく、軽くエアリーな使い心地。イハダ 薬用バーム(医薬部外品) 20g ¥1,350/資生堂薬品

資生堂薬品 お客さま窓口 tel.03-3573-6673

 

皮膚科医の視点から誕生。今季も愛され続ける、真摯に肌を考えたバーム

皮膚科医として診療に当たる津田攝子先生が、「お手入れをしているのにキレイになれない」「季節や体調により、肌の調子が悪くなる」という人が、以前にも増して多くなっていることを発見。その要因はストレスなどに加え、大気汚染による刺激物質が肌の内部で軽微な炎症反応を起こしていることにあった。そこで肌免疫とバリア強化を目指した、隠れ炎症を起こさない肌のためのオリジナリティ溢れるバームが誕生。発売以来、確実にファンが増えている一品。

 

ハ-ーム03206-1

水を一滴も使わず、高純度、高精製、高品質の厳選した成分だけで作ったバーム。女性の肌に不足しがちなビタミン、ミネラルも配合。花粉はもちろん、PM2.5が毛穴に侵入するのもブロック。界面活性剤不使用、厳選したデリケートな成分が満載で、消費期限つきなのも嬉しい。花粉で荒れた肌もおとなしく素直に。スキン バリア バーム 18g ¥5,400/ドクター津田コスメラボ

ドクター津田コスメラボ tel.0120-555-233

 

 眠くならない。早く、長く効く鼻炎薬ならストナリニにお任せ!

OTC薬品の中では唯一の“液体inカプセル”で、第2世代の抗ヒスタミン成分「セチリジン塩酸塩」を配合したストナリニ Z ジェル。成分がリキッド化しているので、早く、よく効き、気になる花粉症のつらい症状を素早く抑えることが可能に。ストナリニならではの効き目が、花粉時季の生活の質を上げてくれる。1噴霧中に有効成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルを医療用と同量配合した「眠くならない点鼻薬」、ナザール α AR0.1%<季節性アレルギー専用>も併せてチェック!

2

小粒で飲みやすい形状のカプセル。またアレルギー反応の各段階に働きかけるだけではなく、「今つらい症状」「後から来る、つらい症状」のどちらもケアする成分配合なのが嬉しい。高い効き目が24時間持続するので、忙しい人にもぴったり。ストナリニ Z ジェル 6カプセル ¥1,380/佐藤製薬

3

有効成分量を従来品の2倍にアップ。アレルギー症状の各ステップにアプローチし、つらい症状を根本からブロック。体内に吸収されると作用の弱い物質に分解されるアンテドラッグステロイドを使用。花粉症シーズンの3カ月使える点鼻薬で、しかも眠くならないので使い勝手のよい1本。ナザール α AR0.1%<季節性アレルギー専用> 10 ml ¥1,980/佐藤製薬

佐藤製薬 お客様相談窓口 tel. 03-5412-7393

 

 この春のd プログラムからは、日中の繊細肌を守るミストがデビュー

敏感に傾く肌をサポートし続けて、その確かなパフォーマンスにファンが多いd プログラム。アレルバリアテクノロジー搭載で、人気をさらった「守るBB」であるアレルバリア エッセンス BBも記憶に新しいが、今季は二層式のミストが登場。むずむず、チクチク、かゆかゆ……刺激が気になるのは、メイクをしている日中が多いもの。そんなときはこのミストをひと噴き。メイクポーチ入り確実な肌のお守り、この春は見逃さないで!

1

肌を守るオイル層と潤す化粧水層が混ざり合い、瞬時にしっとりみずみずしい肌へ。空気中の微粒子や乾燥から肌を守る設計。メイクの仕上げやメイク直し時だけではなく、素肌にも使える。メイク持ちもよくするうえ、皮脂崩れ防止成分がベースメイクの鮮度をキープ。d プログラム アレルバリア ミスト 57ml ¥1,500/資生堂

資生堂 お問い合わせ先 tel. 0120-81-4710

Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ