50代でますます輝くハル・ベリー。そのきれいの源であるダイエット法と食事がついに公開!!

14 September 2018

50代でますます輝くハル・ベリー。そのきれいの源であるダイエット法と食事がついに公開!!

50代になり、その美貌とボディラインがますます磨かれる一方のハル・ベリー。世界中からその美しさに注目を集めるハルは、ダイエットとフィットネスに関するアドバイスの宝庫だ。ハルが8月にインスタグラムのストーリーで明かしたところによると、ケトン体ダイエットや、肌ツヤを良くするための骨を長時間煮込んだスープであるボーンブロス、ハードなワークアウトを習慣にしている模様。さらには、インターミッテントファスティング=断食までしているらしい。ハルの美の秘密の最前線に接近!

今年8月のインスタグラムのストーリーで、ハル・ベリーはインターミッテントファスティング =一時的な断食を行い、通常は朝食を抜いていることを明かした。現在51歳になるハルはケトン体ダイエットも行っており、その内容をインスタグラムで頻繁にシェアしている。

ハルの食事プランは、16時間は断食して日中の8時間で食事をする、「16:8ダイエット」に似ている。
「普段は1日2食」 とフォロワーに語ったハルは、「朝食をスキップして、断食っぽいことをしてるの。そのときは野菜ジュースか強いコーヒーを飲んでいる」 と続けた。

 

ハルがどんな断食をしているのか、ハッキリとは分からない。でも、通常は夜から朝にかけて16時間断食してから、残りの8時間で食べたい物を食べるという「16:8ダイエット」にかなりよく似ている。ハルの場合は、8時間の間にケトン体ダイエットに則した食事を摂っている模様。

ケトン体ダイエットとインターミッテントファスティングはかなり密接に関係しており、並行して行われることも多い。
米ラッシュ大学医療センターのケリー・ロエル上級管理栄養士によると、これは「ケトン体ダイエットとインターミッテントファスティングが両方ともケトーシス状態……体が糖質の代わりに脂肪をエネルギー源として燃やし始める状態になるのを助けてくれる」からだとか。

この方法は、「一度失敗したケトン体ダイエットを再開するにあたり、弾みをつけるのにもいい」とロエル。

でも、覚えておきたいことがある。ケトン体ダイエットもインターミッテントファスティングも続けるのが難しい方法だ。そもそも、どちらとも長期的なダイエットに適しているとは限らないので、両方一緒にやろうとすれば、ハードであることが予想される。

でもハルにはこれが合うようで、赤パプリカと玉ネギが具材の卵白オムレツで断食を終えるそう。たぶん、ハルにとってはこれが遅めの朝食のはずだ。

ハルはまた、専属トレーナーであるピーター・リー・トーマスとの新しいトレーニングプログラムをこなすために、ケトーシス状態をキープしつつも、食生活に炭水化物を加える必要が出てきたことも明かしたそう。

「トレーニングを乗り切るために、ちょっと炭水化物を食べなくちゃいけなくなったの」 という彼女いわく、「炭水化物を食べると “ターボエンジンがかかる” 」らしい 。ハルがワークアウトする様子を一度でも見れば、間違いなくターボエンジンがかかっているのが分かる。

ハルのようにケトン体ダイエットにインターミッテントファスティングを組み合わせるかは、自分次第。もし頑張るのなら、お菓子もケトン体ダイエット用のものにチェンジしてみて。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Amber Brenza Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ