【動画】夏ボディは楽しく作る! すっきり背中美人を目指す 「パートナーレジスタンスワークアウト」#1

04 June 2018

【動画】夏ボディは楽しく作る! すっきり背中美人を目指す 「パートナーレジスタンスワークアウト」#1

夏を目前に控え、ボディメイクを計画しているのなら忘れちゃいけないのが背中&脇腹のトレーニング。ビキニやブラトップをかっこよく着こなすなら、無駄のないすっきりとした後ろ姿が理想的。

今回ご紹介するのは、「パートナーレジスタンスワークアウト 背中&脇腹ver.」。

「パートナーレジスタンスワークアウト」は恋人、友人、家族などとふたりで行うワークアウトスタイル。ジムに置いてあるような器具を一切使わずに100%自重で行うから、トレーニング初心者も始めやすいのが特徴。

動作を行う“Mover(ムーバ―)”と負荷をかける“Resister(レジスター)”に分かれたら、早速トレーニングスタート。大切なのは、目を合わせたり、会話をしたり、コミュニケーションをとりながら体を動かして楽しむこと! そうすれば、パートナーのレベルに合わせて負荷を調整できるから、効率よく、そして無理なくワークアウトを続けられる。

夏までボディメイクのモチベーションをキープするなら、ぜひトライして!

POINT:ムーバ―は「PULL(引く)」動作にフォーカス

(衣装協力元:アシックスジャパン)

1/1 脇腹に効く! Chair Position Single-Arm Row

1)    足を肩幅に開き、ひざがつま先より前に出ないように腰を下ろす。

2)    パートナーの手を取り、互いに腕を後方へ引き合う。力が入りづらい場合は、パートナー間の距離を縮めるとやりやすい。

2/3 肩甲骨すっきり Bent Over Rows

1)    レジスターはひざを立てて仰向けになり、両肘を抱えるように胸の前で腕を組む。

2)    ムーバ―はレジスターの腕に手をかけ、後方へ引く。片方の手は上から、もう片方は下から手をかけると持ちやすい。

3)    レジスターは持ち上げられるとき後ろに体重をかけると、ムーバ―の負荷がアップ。

3/3 むだのない背中へ Seated Lean Back Lat Pull-Down

1)    ムーバ―はひざを立てて床に座り、レジスターの腕を真下へ引く。

2)    レジスターはムーバ―が寄り掛かれるよう片足で上半身を支える。ムーバ―が引く方向とは逆方向に引き、負荷をかける。このとき腕だけでなく、体ごと使って引くとやりやすい。

■今回教えてくれたのは……

CoFit Movement Logo

企業向けのチームビルディングフィットネスクラスを始め、認定ワークショップ、フィットネスコンサルティングサービスを提供する「CoFit Movement」のファウンダー、Leo FuchigamiさんとMenya Hingaさん。

「CoFit Movement」は、フィットネスを通じてより明るく、健康で、パッションのある世界を作り上げることを目指す東京のスタートアップ企業。現在主流となっている、ひとりで行う自己完結型のトレーニングではなく、人と繋がり、交流することを重視した「コネクションフィットネス」を推進している。

詳細は、cofitmovement.comをチェック。

Movie: Kento Higuchi Fit Girls: Misa Watanabe & Miyu Date

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ