Fit Foodies武田春香さんのレシピ。お疲れ気味の時に食べたい「ローストポーク」

12 September 2017

Fit Foodies武田春香さんのレシピ。お疲れ気味の時に食べたい「ローストポーク」

Fit Foodies武田春香さんが提案する、インナービューティレシピ。今回は、疲労回復効果の高い豚肉を使って、ご馳走感あふれる一品。表面を焼いて鍋に放っておくだけなので調理も簡単で、しっとりとした食感。

武田春香

B・B・V olá, CARDIO BARRE プレス 武田春香

幼少期より料理に親しみ、大学にて運動生理学や栄養学等を学ぶ。在学中、糖尿病研究の傍ら、料理家アシスタントとして料理撮影やレシピ開発に携わる。食品メーカーの販売促進、フリーランスのフードコーディネーターを経て㈱ベイクルーズに入社、飲食事業のプレスを担当。現在はフィットネス事業のプレスとして"美しくなるフィットネス"をPR。一児の母。https://www.instagram.com/take_hal/

ローストポーク

ローストポーク材料

<材料>2〜3人分 

  • 豚かたまり(肩orヒレ)肉
    400g 
  • ローズマリー
    1,2本
  • にんにく
    1片
  • 小さじ1
  • (お好みで赤ワインソースの材料)
     
  • ローストポークの肉汁
    大さじ1
  • 赤ワイン
    150cc
  • はちみつ
    大さじ2
  • 小さじ1/2
  • 黒こしょう
    5,6粒
  • 八角
    1個

作り方

  1. 下味をつける
    豚肉全体に塩をもみこむ。にんにくを薄切りにし、ローズマリーとにんにくを豚にはりつけて、30分~1時間放置する(常温)。
  2. 表面を焼く
    ローズマリー,にんにくを外して、フライパンで加熱し表面に焼き色をつける(強火)。
  3. 密閉できる袋に入れる
    ②とローズマリー,にんにくを密閉できるチャックつきの袋に入れて、できるだけ空気を抜く。
  4. 低温でじっくり加熱
    鍋にお湯を沸かして沸騰したら火を消し、③を漬ける。湯温が人肌程度に下がるまで放置する(約2時間)。
  5. ソースを作る
    袋から豚肉を取り出し、残った肉汁とその他の材料を小鍋に入れ、弱火で加熱。沸騰し、
    とろみがついてきたら火を止める。

※豚肉にしっかりと下味がついているので、ソースなしでもおいしくお召し上がりいただけます。ソースの代わりにカシスマスタードなどを添えても◎

ローストポーク作り方_2

【ポイント】
・豚肉のビタミンB1は牛肉の8倍。肥りにくい体を作るロイシンも含まれています。
・ビタミンB1は疲労回復効果がバツグンで糖質の代謝を促進。美肌効果も。また水溶性ビタミンなので、茹でる煮る以外の水を使わない調理法がオススメです。
・よりヘルシーなのは肩肉よりヒレ肉。ヘム鉄などミネラルも豊富に含まれています。

Text & Photo : Haruka Taketa

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ