Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「アボカドとバナナと豆腐のリカバリースイーツ」

19 January 2018

Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「アボカドとバナナと豆腐のリカバリースイーツ」

ヘルシーな食のヒントを発信する、Fit Foodies、村山 彩さんによる連載。ヘルシーな食材のおやつ(間食)は足りない栄養素をカバーし、お腹がぺこぺこの状態を作らないことで、ドカ食いや血糖値の急上昇も防ぐことができます。今回は糖質とタンパク質を意識した、混ぜて焼くだけのリカバリースイーツをご紹介。

村山彩

食欲コンサルタント、アスリートフードマイスター、トライアスリート 村山彩

体を壊したことをきっかけに健康管理に目覚める。「食と運動」でゼロから心身を立て直した知識と経験を活かし、テレビ、ラジオ、雑誌、イベントなどで活躍。現在は、食欲コンサルタントとしての指導、アスリートへの食事指導など、幅広い活動を行っている。アスリートとして、2012年館山トライアスロン総合優勝などの活躍もしている。著書に「あなたは半年前に食べたものでできている」「やせる冷蔵庫」ほか。最新刊「豆皿しあわせレシピ」を発売。◎からだづくりコミュニティ「Ayalab(アヤラボ)」を開講 http://ayalab.jp

http://ayamurayama.jp

アボカドとバナナと豆腐のリカバリースイーツ

材料

<材料>

  • アボカド
    1個
  • バナナ
    1本
  • 豆腐(絹)
    240g
  • レモン汁
    大さじ2 
  • メープルシロップ
    大さじ1と1/2
  • 片栗粉
    大さじ2と1/2
  • 小麦粉
    大さじ2と1/2
  • クルミ
    大さじ2

作り方

  1. 豆腐はしっかり水切りし、クルミは砕いておく。
  2. 全ての材料をブレンダーで撹拌する。
  3. 型に流し込み、予熱した170度のオーブンで約35分焼く。
  4. そのまま食べる、もしくは冷蔵庫で一晩冷やす。

粉物はブレンダーで混ざりにくい場合があるので、ブレンダーに入れる前に豆腐と粉物だけ混ぜておくのも手です。

焼く

recipeのポイント

今日は私が運動後によく食べるリカバリースイーツです。

運動後のリカバリーには、使ったエネルギー源の補充として「糖質」と、
筋肉の修復をする「たんぱく質」が不可欠です。
この二つの栄養素をまずは意識して、「糖質」源はバナナや粉物から。
「たんぱく質」源として、豆腐をたっぷり使用しました。
水気を絞り、焼くことで量も多めに摂りやすくなります。

そしてアボカドには、「オメガ9系脂肪酸」や、腸内環境を整える「食物繊維」、ナトリウムの排出を助ける「カリウム」、抗酸化作用の強い「ビタミンE」など運動する女性には嬉しい栄養素がずらり。
さらにクルミは、「オメガ3系脂肪酸」、糖質の代謝をサポートする「ビタミンB1」や、アボカド同様抗酸化作用の強い「ビタミンE」を含む、まさにスポーツビューティーには最高の組み合わせ。

夏頃にアボカドアイスのレシピを作りましたが、今回は冬なので温かい状態でも食べられるものにしました。
ケーキのように見えますが、カチカチに固まるわけではなくゆるい状態なので、スプーンですくい、器によそって食べてください。
その際にもう少したんぱく質をフォローした場合は、ヨーグルトを添えてもいいですね。

焼きたてのアツアツは特に美味しいです。
混ぜて焼くだけの簡単レシピ、ぜひ作ってみてください。

Text & Photo : Aya Murayama

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ