Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「かぼちゃとクリームチーズのトリュフ」

24 November 2017

Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「かぼちゃとクリームチーズのトリュフ」

ヘルシーな食のヒントを発信する、Fit Foodies、村山 彩さんによる連載。ヘルシーな食材のおやつ(間食)は足りない栄養素をカバーし、お腹がぺこぺこの状態を作らないことで、ドカ食いや血糖値の急上昇も防ぐことができます。今回はかぼちゃをメインに使ったおやつです。

村山彩

食欲コンサルタント、アスリートフードマイスター、トライアスリート 村山彩

体を壊したことをきっかけに健康管理に目覚める。「食と運動」でゼロから心身を立て直した知識と経験を活かし、テレビ、ラジオ、雑誌、イベントなどで活躍。現在は、食欲コンサルタントとしての指導、アスリートへの食事指導など、幅広い活動を行っている。アスリートとして、2012年館山トライアスロン総合優勝などの活躍もしている。著書に「あなたは半年前に食べたものでできている」「やせる冷蔵庫」ほか。最新刊「豆皿しあわせレシピ」を発売。◎からだづくりコミュニティ「Ayalab(アヤラボ)」を開講 http://ayalab.jp

http://ayamurayama.jp

かぼちゃとクリームチーズのトリュフ

材料

<材料>5個分 

  • かぼちゃ
    150g 
  • クリームチーズ
    35g
  • 豆乳(無調整)
    大さじ2
  • はちみつ
    小さじ2
  • ココア(ノンシュガー)
    適量

作り方

  1. かぼちゃは耐熱皿に入れ、電子レンジで串が通るくらいに温める。(500wで約3分)
  2. ボウルに1を加えマッシュし、ココア以外の材料も加え混ぜ合わせる。
  3. 粗熱がとれた2を冷蔵庫で1時間ほど少し冷やす。(丸めやすくなるため)
  4. 3をお好みの大きさに丸めココアをまぶして完成。

まぶす

recipeのポイント

かぼちゃは「ビタミン・ミネラル」はじめ栄養がたっぷり。
なんといっても黄色が主張している通り「β-カロテン」が豊富。
「β-カロテン」は必要量に応じて体内で「ビタミンA」に変換され、強力な抗酸化作用等が期待できます。
抗酸化作用の代表「ビタミンC」や「ビタミンE」も含まれ、美容と健康に気を使い、運動する女性にはぴったりの食材。

ガソリンの役目を果たすエネルギー源「糖質」や、不足しがちでヘルシーな食生活には欠かせない「食物繊維」も含まれ嬉しい限り。

体を作る最も大切な栄養素「たんぱく質」は、クリームチーズと豆乳でフォローしました。
甘味料は、体を動かす女性向けなので、「糖質」や糖質の代謝をサポートする「ビタミンB群」を含むはちみつを少量加えました。
カロリーダウンした方は、甘味料を加えず、かぼちゃの甘みのみを楽しむのもいいですね。

最後の仕上げには、レシピのキーになる食材、ノンシュガーのココアをトッピング。
ココアはこれまた「食物繊維」や抗酸化作用の「ポリフェノール」が含まれ、健康や美容に嬉しい食材です。
ココアをまぶす事で苦味が加わり、甘みと苦味のハーモニーが絶妙の一品に仕上がります。

見た目もコロンと可愛く、お友達へのプレゼントにも喜ばれるかぼちゃトリュフ。
さつまいもや餡子などを加えて、アレンジするのもオススメです。 
是非作ってみてください。

Text & Photo : Aya Murayama

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ