Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「お麩とバナナの一口アイス」

08 September 2017

Fit Foodies村山彩の手作りヘルシースナックのすすめ「お麩とバナナの一口アイス」

ヘルシーな食のヒントを発信する、Fit Foodies、村山 彩さんによる連載。ヘルシーな食材のおやつ(間食)は足りない栄養素をカバーし、お腹がぺこぺこの状態を作らないことで、ドカ食いや血糖値の急上昇も防ぐことができます。今回は低カロリーなお麩を使ったアイスをご紹介。

村山彩

食欲コンサルタント、アスリートフードマイスター、トライアスリート 村山彩

体を壊したことをきっかけに健康管理に目覚める。「食と運動」でゼロから心身を立て直した知識と経験を活かし、テレビ、ラジオ、雑誌、イベントなどで活躍。現在は、食欲コンサルタントとしての指導、アスリートへの食事指導など、幅広い活動を行っている。アスリートとして、2012年館山トライアスロン総合優勝などの活躍もしている。著書に「あなたは半年前に食べたものでできている」「やせる冷蔵庫」ほか。最新刊「豆皿しあわせレシピ」を発売。◎からだづくりコミュニティ「Ayalab(アヤラボ)」を開講 http://ayalab.jp

http://ayamurayama.jp

お麩とバナナの一口アイス

材料

<材料>

  • 20〜25個(今回は直径約3cmのものを使用) 
  • バナナ
    1 本
  • アーモンドミルク(砂糖不使用)
    100cc
  • シナモン
    小さじ1/2
  • ミント
    適量
  •  
     
  • 甘味料(ハチミツやメープルシロップ)
    お好みで

作り方

  1. バナナとアーモンドミルクとシナモンをミキサーに入れ撹拌する。
  2. 袋に1とお麩を入れる。
  3. 2を冷凍庫で一晩冷やす。
  4. 3をお好みの大きさに割り、器に移しミントを添え完成。

甘みが欲しい方は最後に少量たらす。

冷凍

recipeのポイント

今回のレシピのポイントは「お麩」を入れたこと。
お麩は低カロリーで、植物性たんぱく質はもちろんのこと、カリウムやマグネシウムなどミネラルも含みます。
お麩を入れることで食感にバリエーションが出て、満足度も高くなります。
糖質やビタミン類のフォローは、栄養抜群の優秀食材バナナで。
水分は美容のビタミン、ビタミンEを含むアーモンドミルクを使用。
アーモンドミルクがない場合は、豆乳などでアレンジしてみるのもオススメです。
味にメリハリをつけるためにシナモンも加えました。
甘みがもう少し欲しい方は、完成後に少量たらしてください。
そうすることで甘味料の使用量が抑えられます。
とっても簡単で食べやすい一口アイス、ぜひ試してみてください。
(お麩はグルテンアレルギー等の方はご注意ください。1歳未満の乳幼児のハチミツ使用もご注意ください。)

Text & Photo : Aya Murayama

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ