アウトドア好きなPRが本当に愛用している冬の"あったか"アイテム Vol 3. 枝比呂子さん

07 January 2019

アウトドア好きなPRが本当に愛用している冬の"あったか"アイテム Vol 3. 枝比呂子さん

寒さが厳しさを増していく中、欠かせないのがあったかアイテム。各ブランドから機能的なウエアやギアが登場しているけれど、「多すぎて一体どれを選べばいいのかわからない!」とお困りの方に、アウトドア好き業界人が個人的に愛用するアイテムをご紹介。

今回は「ザ・ノース・フェイス」や「アイスブレーカー」などさまざまなブランドのPRを担当する枝比呂子さんが、あったか私物アイテムを大公開。冬は決まって友人とスノーシューに出掛けるというアウトドア派である一方、大の冷え性である彼女。寒さに悩まされることのないよう、長く付き合っていけるアイテムを教えてくれた。

枝さんコーデ

「ザ・ノース・フェイス」のダウンの上に、「テアトラ」のコートを重ねて登場した枝さん。ユニセックスだという「テアトラ」のコートは、小柄な枝さんにもぴったりフィット。コートの中にはポケットがたくさんあり、ちょっと出掛けるときはバッグを持たず必要なものだけポケットに収納、なんてことも。中にはパソコンまで収納できる特大サイズのポケットもあるのだとか。

枝さんバーム

冬の乾燥の救世主は、「ニールズヤード」のローズバーム。「山から下山してくると冬の日差しと寒さで顔や手足がカサカサになってしまうので、入浴中にこのバームをベタッと顔に塗ってマッサージ。数分立つと乾燥からくる顔のこわばりがとれてきて、むっちりとみずみずしい肌になります。普段からも保湿アイテムとして重宝しています」。ふんわり漂いリラックスさせてくれるローズの香りも、お気に入りの理由の一つだそう。

枝様_2

もの選びは必ず冷え対策を考えた上でするほど、大の冷え性である枝さん。そんな彼女が山に行くときにも普段使いにも着用しているのが、ニュージーランド産のメリノウールを使った「アイスブレーカー」のアンダーウエア。「天然繊維なのでチクチクしませんし、洗濯をしてもすぐにけば立たないのも重宝している点です」。普段はメリノウール150の薄手をチョイスし、一段と冷え込むアウトドアレジャーにはメリノウール200の中厚を選んでいるという。さらにその上に重ねるのは、「ノースフェイス」のインナーダウンジャケット。こちらはかなり小さく折りたためるパッカブルタイプだから軽くてスペースをとらないところが◎。夜の冷え込みが心配なときや山に出掛けるときは、バックパックに忍ばせているとか。

楽しい雪遊びから帰宅し、お風呂にゆっくり浸かった後から朝まで彼女の足を温かく包み込んでくれるのは「アワイア」のウールアンクルウォーマー。足首は包まれて、かかととつま先があいているため、通気性がよく睡眠時はぐっすり。足のむくみも取れて朝はすっきり起きられるという。

ちなみに彼女が近場でお気に入りのスノーシュースポットは箱根。彼女がおすすめするアイテムを参考にすれば雪山の寒さも怖くない。今冬のアウトドアレジャーとしていかが?

コート/テアトラ (TEATORA)
ダウン/ザ・ノース・フェイス
パンツ/ユニオンランチ (UNION LAUNCH)
靴/チャーチ (CHURCH’S)

バーム/ニールズヤード

ダウンジャケット/ザ・ノース・フェイス
アンダーウエア/アイスブレーカー
アンクルウォーマー/アワイア (awaia)
※全て本人私物

Photo Credits: Tomoko Meguro (記事画像1,2), Women's Health Japan(記事画像3、トップ画像右下)

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ