目がピクピクする6つの理由

14 July 2017

目がピクピクする6つの理由

けいれんの原因とピクピクを止める方法は?

目がピクピクするのがとにかく気になる! では、この不快な症状はなぜ起こるの?

 

簡単に言うと、目のピクピクは目の筋肉にある神経がストレスを受けてけいれんを起こしている、と言うのは眼科医でアイケア専門店のAll Eyes on Rockvilleの創業者、ハンナ・イエチェスケル医師。ブライアン・ボクサー・ワチェラー医師によると、まぶた自体はとてもデリケートなので、まぶたの筋肉も色々なものの影響を受けるそう。

 

けいれんは放っておいても普通はすぐに治るけれど、もしまぶたの震えが治らないのなら、原因を究明して行動を変えてみて。考えられる6つの原因はこちら。


1.カフェインの摂り過ぎ

1.カフェインの摂り過ぎ

コーヒーを飲む習慣が目のけいれんの原因かも。カフェインは心拍数と代謝を上げる作用があり、筋肉を興奮させるので目がピクピクすることもある、とイエチェスケル医師。「これは、目の筋肉が他の筋肉に比べて、カフェインの作用を受けやすいため」とワチェラー医師。どのくらいの量のカフェインがけいれんを引き起こすという数値はないものの、もし気にするなら、カフェインの量を減らせば目への影響は減らせるかも。


2.ストレスが溜まっている

2.ストレスが溜まっている

身体はストレスに色々な形で反応する。目のけいれんもその一つ。「これは、身体が何かに対してもう無理、と訴えているサイン」とイエチェスケル医師。もしストレスが原因なら、なぜそんなにストレスを感じているのかその原因を探して。そして、ヨガのようなストレスを解消する方法を探して。これで症状は改善するはず。


3.アレルギー症状が出ている

3.アレルギー症状が出ている

アレルギーがあると、ヒスタミンが分泌され、身体がそれに反応する。目のけいれんはよくある反応。目のまわりが腫れたり、かゆく感じるのも同様のアレルギー反応。経口点眼薬を試してみて。


4.睡眠が足りない

4.睡眠が足りない

まぶたは身体の中でもっとも敏感な筋肉の一つ。だから、少しのバランスの崩れが大きく影響してしまう。目を閉じている時間が少ないのもバランスを崩してしまう要因。バランスが崩れると、目は疲れて筋肉がけいれんを起こしてしまう。それを治すには、当たり前だけど早く寝るようにすることと、8時間睡眠を目指して。


5.メガネの度数が合っていない

5.メガネの度数が合っていない

本を読んでいる時やパソコンをしている時に目がけいれんするのなら、度数を上げたほうがよいかも。けいれんするのは、目が頑張って焦点を合わせようとしているからかもしれない、とイエチェスケル医師は話す。あまりにもピクピクするのが続くようなら一度眼科に行ってみて。


6.腫瘍の可能性がある

6.腫瘍の可能性がある

これはそんなによくあることではないけれど、腫瘍の可能性も。上記の5つの原因が当てはまらないなら、一度病院で血液検査をした方がよいかも。病院できちんと調べてもらい、神経眼科医を受診した方がいいか聞いてみるように、とイエチェスケル医師。神経眼科医は目のトラブルと脳との関係を専門にしているので、なにが起きているのかを調べてくれる。

 

それでもまだけいれんが治らないなら、ボトックス注射をすればけいれんが止まる、とイエチェスケル医師。アメリカの保健福祉省によるとボトックスは米国食品医薬品局にも認められた目のけいれんの治療方法。ボトックスは筋肉の神経を凍らせて、けいれんしないようにしてくれる。効果は3ヶ月ほどあるそう。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text:Bianca Mendez Translation:Noriko Yanagisawa Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ