ケーゲル体操で膣を鍛えれば、オーガズムによる満足度がアップする?

05 June 2019

ケーゲル体操で膣を鍛えれば、オーガズムによる満足度がアップする?

女性の大半は、オーガズムに満足していないみたい。
スウェーデンの大人のおもちゃメーカー『LELO』は、継続的なケーゲル体操を可能とし、オーガズムにあふれた未来へ女性を導くというツールを開発したそう。この内容をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

この会社が行ったアンケートによると、女性の76%は「6秒もたたないうちにオーガズムが終わってしまう」と感じている。また、「クライマックスと思われる経験をしたことが一度もない」女性の割合は11%だったのに対し、「自分のオーガズムに十分満足している」女性の割合は4%にとどまった。明らかに、理想的とは言えない結果。

この問題を解決するため『LELO』は、Luna Smart Bead(ルナ・スマートビード)という商品を開発。この商品は、オーガズムの潜在能力を測り、あなたの骨盤底の現在の強さに適したケーゲル体操(骨盤底筋を鍛えるトレーニング)のメニューを考えてくれるそう。同社によると、エクササイズが次第にハードになっていくため、膣が継続的に鍛えられ、オーガズムによる快感が強くなるそう。

でも、ケーゲル体操をするだけで、本当に記録的なオーガズムが得られるのだろうか? アメリカの医療系テレビ番組『The Doctors』の司会も務めた泌尿器科医で性機能専門家のジェニファー・R・ベルマン医学博士によると、「オーガズムによる快感が強くなると思います。骨盤底を強くすれば、パートナーの陰茎を強くつかめるようになるので、膣がペニスと接触する表面積が広くなります」。ベルマン医師の話では、こういった性器の筋肉が充血すると、神経が表面に浮いてくるため、快感が強くなることもある。

 

よって、骨盤底の筋肉が強くなるとオーガズムが強くなるというのは、本当にあり得る話。でも、クライマックスに達する女性の能力に影響を与えるのは、体のつくりだけじゃない。

「オーガズムには、反射作用、ホルモン、感情などの全てが関係しています」とベルマン医師。つまり、オーガズムの強さは、骨盤底筋の強さだけで決まるわけではないということ。

ケーゲル体操を続けるのはいいけれど、ベルマン医師にも、その結果は保証できない。「毎日のようにやっていれば、いずれ成果が現れるかもしれません。劇的な変化に気付く女性もいれば、何がどう変わったのか分からないという女性もいます」。それでも、膣トレに励む価値はありそう。

 
※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Ashley Oerman Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ