【EAT BEAUTY】心から満足するひと皿。エネルギーで体を満たすバナナボート

20 November 2018

【EAT BEAUTY】心から満足するひと皿。エネルギーで体を満たすバナナボート

ヘルスコーチのAYUMIさんによる食の連載。テーマは「Eat Beauty」……“感情で食べない美のレシピ”。私たちの命と体、そして心をつくり、日々の生活や人生までをデザインしているもの、それが「食」。血となり肉となることは理解していても、口にしたものが感情までに影響するということ、知っていた? この連載では、奥深い食と感情のつながりにも焦点を当てながら、おいしくてヘルシー、おしゃれなレシピをご紹介。11月のテーマは年末年始に向けて慌ただしくなる期間に向けて「忙しい中でもエネルギーを高く保つ」こと。第3回目は、簡単で見た目も楽しいバナナボートのレシピが登場。食べても食べても満足感がないことに対する、AYUMIさんの分析も必読!

AYUMIさん

米国認定ホリスティックコーチ AYUMIさん

10代の頃より自分自身の悩みやコンプレックスを「食事・運動・マインド」を通じて改善することで人生が変わり、生きる上での包括なアプローチが必要だと確信。自然と周りの女性から相談されることが多くなり、より専門的な知識を得るために渡米。ニューヨーク栄養学校で「Institute for Integrative Nutrition」の認定ホリスティックヘルスコーチの資格を取得。以降、ヘルスコーチとして女性の人生を向上させるためのセッションに従事。「生き方が変わった」「人間関係が好転した」「悩みが軽くなった」などの声も。そのセンスの良いSNSにファンも多い。■サイト「MISS FIT」■Instagram @ayumi_missfit

エネルギーで体を満たすバナナボート
調理時間5分 

材料(2人分) 
バナナ 2本
★無糖アーモンドバター (好みのナッツバター) 適宜
★無糖ヨーグルト 適宜
★ザクロの実 適宜
★ココナッツチップ 適宜
★カカオニブ 適宜
★ミントの葉 適宜
★好みのナッツ類(アーモンド、クコの実、かぼちゃの種、カシューナッツなど) 適宜 

【作り方】
1 バナナの皮を剥く。半分にスライスしてピーナツバター、ヨーグルトをスプーンでのせる。
2 ★を振りかける。※ザクロなどのカラフルな季節の果実、ココナッツチップ、カカオニブ、ミントの葉、ナッツ類など好みのもの。

 

朝食を食べたのに、昼前におなかが空くことはありませんか? それはエネルギー不足の証拠。エネルギーの源となる燃料が、足りていないのかもしれません。

空腹は身体の燃料不足のため、脳にまで必要なメッセージが行き届きません。そうなると集中力が乏しくなり、イライラした感情を引き起こすとされています。

いつものバナナにひと手間加えるだけで密度の高い栄養素が摂れ、燃料切れにならない。今回は驚くほど簡単でヘルシーな朝食、スナックをご紹介します。

バナナは園芸学上、果物ではなく野菜に分類されます。バナナの木の幹に見えるのは、実は大きな葉が重なった茎で、バナナそのものは巨大な草とされています。私たちはいつも草を食べているようなものなんですね。
バナナはご飯やパンに比べるとカロリーが低く、ビタミンCやカリウム、繊維、ビタミンB6が含まれています。

 

見た目にも楽しいバナナボートで、美の食を摂りましょう。


【きれいのPOINT】

2

トッピングのオプションは、無限大。他のおすすめはレーズンやピスタチオ、クルミなどのナッツです。カリカリとした食感は「お腹いっぱい」というメッセージを脳に伝えるのに最適。

シナモンや生カカオパウダーは身体を温め、甘いチョコレートが欲しくなる欲求を抑えることができます。

 

いつもの食材で簡単においしく食べて、美しく、より幸せに、人生を変えていきましょう!

  

ヘルスコーチとは
ヘルスコーチとは米国代替医療協会指定のヘルスコーチ養成機関にて1年以上かけて必要な知識及び技能を修得した、代替医療協会公認資格の取得者であり、世界100以上の食文化やライフスタイルに精通している。食事やメンタル、ライフスタイルなど数多くの観点からセッションし、アドバイスを行う。アメリカなどの総合病院などではヘルスコーチが在籍し、より多角的なケアを行うケースが増えつつある。

Photo&Text:AYUMI

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ