2017年のダイエットトレンドを総まとめ! 自分にぴったりのダイエット法が見つかるかも!?

26 December 2017

2017年のダイエットトレンドを総まとめ! 自分にぴったりのダイエット法が見つかるかも!?

今も昔も、ダイエットは女性にとっての一大事! いろいろなダイエットメソッドが取りざたされるなか、2017年のダイエットトレンドを総ざらい。
日本のGoogleで検索されたダイエットキーワードベスト10をご紹介!


10位:野菜ジュース×ダイエット

10.jpg

野菜=ヘルシー! わかっているけれど、忙しい毎日、野菜を毎日たっぷり食べるのはなかなか難しい。そんな時に便利なのが野菜ジュースだが、この野菜ジュースがダイエットにも効く、という評判で検索キーワードトップ10にランクイン。ただ野菜ジュースを飲むのではなく、タイミングや使う野菜に気を付ければ効果が期待できるといわれているそう。「ジュースなら手軽にトライできるかも!」と思ったあなたはぜひ試してみて。


9位:餃子×ダイエット

9.jpg

肉×炭水化物×油、そんな餃子でダイエットなんてできるの!? でも意外にヘルシーなのが餃子。肉、野菜、炭水化物のバランスが取りやすいうえに、豚肉は脂肪燃焼の働きをもつビタミンBを豊富に含み、さらに体を温めて代謝を上げるというわれるニラやにんにくも入っている。夕食に餃子を食べるだけでダイエットに成功した人がいるということで話題になったメソッド。餃子好きにはうれしい噂!


8位:ベビーフード×ダイエット

8.jpg

ベビーフードダイエットは、テレビ番組で取り上げられたことで話題に。その名の通り、ベビーフードを食事に置き換える方法で、市販のベビーフードを使う手軽さや、ローコストでダイエットに取り組めるということからじわじわ人気になったそう。赤ちゃんが食べるためのものなので、消化しやすく負担が少ないということもメリットと捉えられたとか。ただ、赤ちゃん用のものをダイエットに使うことに関しては賛否両論あり、ブームはやや落ち着いたもよう。


7位:炭水化物抜き×ダイエット

7.jpg

「糖質制限」「ローカーボ」とも呼ばれるダイエット法で、すでに実践している人も多いようだが、キーワードとしては意外にも低く7位。糖尿病や肥満の治療を目的とした食餌療法を、体重をコントロールする目的で用いたものだそうだが、最近では長期的な健康効果やリスクについての議論も多い。炭水化物の誘惑には抗い難いが「意志の強さに自信がある!」という方は試してみてもいいかも?


6位:玉ねぎ×ヨーグルト×ダイエット

6.jpg

「玉ねぎヨーグルト」なるものが一部でひそかに人気らしい。便秘解消効果があり、さらに代謝を高めてくれるので、ダイエットの効果が期待できるのだそうだ。水溶性食物繊維が豊富な玉ねぎに腸内環境を整えるビフィズス菌を合わせることで、脂肪の増加を抑えたりエネルギー消費を高める成分に変化して、痩せるのに効果的なのだとか。身近な食材で高い効果が望めるなら、試す価値はありそう。


5位:梅干し×ダイエット

5.jpg

平安時代には薬としての効用が認められていたという梅干し。その梅干しを毎日食べるだけ、というごく簡単な方法が人気に火をつけた。梅干しに含まれるクエン酸が血液の流れを促進、それによって疲労物質や老廃物をため込まなくなり、新陳代謝が活発になるのだそう。さらに、クエン酸は腸を刺激してお通じを促す効果があるので、ダイエットの大敵である便秘解消に役立つとも。カロリーも控えめでコストもそれほどかからない梅干しだが、摂りすぎは塩分過多になるので注意して。


4位:しらたき×ダイエット

4.jpg

この季節、鍋料理にかかせない食材、しらたき。カロリーが低く食物繊維が含まれるしらたきを、主食に置きかえたりおかずに取り入れたりすることで無理なく痩せようというもの。そういえば、イタリアでは乾燥させたしらたきが「ゼンパスタ」と呼ばれて大人気。ジェニファー・ロペスをはじめ海外セレブが実践しているダイエットプログラムとしてもおなじみなのだとか。パスタの代わりにしらたきを使えば大幅にカロリーカットは間違いなし。おいしく食べて痩せられるなら、こんなにうれしいことはない!


3位:MCTオイル×ダイエット

3-MCT.jpg

MCTオイルダイエットは、欧米を中心に人気が広がっているダイエット法なのだそう。MCTオイルとは、中鎖脂肪酸油(Medium Chain Triglyceride)というもので、ダイエット効果が高いとして注目されている。このMCTオイルを効果的に摂取することでダイエットがかなう、ということらしいが、その方法にはちょっとポイントがあるそう。今後もますます話題になりそうなダイエットメソッドなので、気になる方はリサーチしてみては。


2位:もち麦×ダイエット

2.jpg

もち麦は大麦の一種で、白米に比べると低カロリーで食物繊維が豊富なことから、そのダイエット効果が期待されている。パンやごはんに比べると腹持ちがよいのもうれしいポイントなのだとか。白米に混ぜて炊いたり、茹でてからリゾットやサラダに使ったりと、料理にもいろいろアレンジできるので無理なく摂取できそう。早い人は2週間程度で効果が出る場合もあるというから、おいしくダイエットしたい人は試してみる?


1位:帳消し×ダイエット

1.jpg

「食べたことをなかったことにする」なんて、まるで魔法のよう!? これはいわゆる“食べ合わせ”の工夫で、栄養バランスを整えて代謝を上げるダイエット法の一つ。たとえば、ハンバーグ+大根おおろし、焼き肉+ブラックコーヒーなど、一緒に食べるものを選べば、糖や脂質の吸収を抑えたり、脂肪燃焼の効果を促したりすることができるのだという。ただ、いくら“帳消し”とはいえ、食べ過ぎや飲み過ぎでは効果は期待できない。食べ合わせによっては注意が必要なものもあるので、実践する際にはよくリサーチして。

※写真はイメージです。

Photos: Getty Images Cooperation: Google

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ