何Kg痩せた? メソッドは? セレブの「ダイエットランキング」BEST10

15 July 2018

何Kg痩せた? メソッドは? セレブの「ダイエットランキング」BEST10

「最近、激太りした」とか「○○ダイエットで別人のように痩せた!」……など、セレブの体型やダイエット法については、つい気になってしまうもの。いったいどんなダイエットが効果があったのか? 肌を露出する機会が多いこの時期だからこそ余計に知りたい、たくさん痩せたセレブ10人をランキングで一挙ご紹介。ダイエット法にも注目!


10位 レディ・ガガ -10Kg

10-10Kg.jpg

左の写真は、2012年頃の“激太り期”のガガ。1年半後にはスレンダーに戻っていた(写真右)! あらゆるダイエットにトライしているレディー・ガガが特に注力したとされるのは、「5ファクターダイエット」。1日の食事を、3回の食事と2回の軽食の合計5回で構成し、毎回、少なめのたんぱく質と食物繊維、ヘルシーな炭水化物と脂肪をバランスよく摂取するというもの。メニューの例は――朝食にアップルシナモンのオートミールとオムレツ、軽食にカッテージチーズとリンゴ、ランチにカレーチキンサラダ、午後の軽食にクリームチーズとターキーのパストラミ入りブラウンライスケーキ、ディナーにサーモンとキヌア入りグリーンサラダ。
 
その他、大のヨガ好きとしても知られるガガ。来日した際にもヨガスタジオをサプライズで訪れたそうだから、ヨガもダイエットには少なからず起因しているといえそう。


9位 クロエ・カーダシアン -15Kg

9-15Kg.jpg

プライベートで大変な時期にジムに通い始め、ワークアウトに目覚めたというクロエ。ジム通いは週に5回。「いつも同じトレーニングはしたくない」と語り、ソウルサイクルやホットヨガ、サーキットトレーニングなど好きなプログラムをチェンジしているそう。1日5リットル水を飲むのと、栄養士の指導のもと、1日7回に分けてフルーツと野菜、魚を中心に摂るという食事法を採用した結果、5カ月で15㎏減! 一方で「私は自分の体重を気にしないので、体重を測らないの」「ひと握りのM&M’sやワンピースのピザも食べるわ」と自分を甘やかす術も、ヘルシーに痩せる秘訣なのかも!?


8位 マイリー・サイラス -15Kg

8-15Kg.jpg

左が2012年5月の写真で、右が同年12月の写真。何と7カ月でキャラ変まで果たしたマイリー・サイラス。痩せた理由は、グルテンと乳糖(ラクトース)アレルギーのため、グルテンフリーの食生活に切り替えたこと。「1週間グルテンフリーにしてみて。肌も体も精神的にもとってもヘルシーに変わるわ!もう戻れないわよ!」というツイートも。それから動物をこよなく愛することで知られるマイリーは、動物性のものを断ち、ヴィーガンライフを満喫。「Vegan life is da bomb ! I ❤ cookin!」というツイートも。現在もヘルシーボディは健在。


7位 ミランダ・カー -17Kg

7-17Kg.jpg

2011年1月にフリン君を出産後、17kgのダイエットに成功。2カ月でランウェイに復帰したことが語り継がれているミランダが取り入れたのは、「5:2ダイエット」と「グリーンスムージーダイエット」。どちらも楽しく“ラク痩せ”できるのがポイント。「5:2ダイエット」とは、週5日は野菜や果物、オリーブオイル、全粒の穀物などを多く摂る地中海式食事法、残りの2日を1日500Kcalに抑えるというもの。それから朝食に摂っているグリーンスムージーは、ココナッツミルクとココナッツウォーター、ゴジベリー、スピルリナ、マカ、チアシード、カカオ、ライスプロテインとスーパーフードが満載。今年5月にハートくんを出産したばかりのミランダ。目下、新たなダイエットに励んでいるかも!?


6位 クリスティーナ・アギレラ -18Kg

6-18Kg.jpg

2011年、プライベートでの辛いできごとが重なり激太りしたと噂されたクリスティーナ。MAXの頃が、写真左の2012年。ところが翌年、2013年(写真右)には約18㎏の減量に成功して、お見事! 実践したのは「フレッシュダイエット」。食事を1日1600Kcal に抑える方法で、朝食はブルーベリーやアボカド、ターキーのベーコン、ランチはサラダと鶏の胸肉、ディナーにチキンやフィッシュのカレーというのが典型的なメニュー。アルコールはワイン1杯に抑えているとか。さらに、ヨガやワークアウトもこなし、現在も抜群のスタイルをキープ中!


5位 キム・カーダシアン -27Kg

5-27Kg.jpg

左の写真は、長男のセイント君を妊娠中の2015年。この頃、27Kg増量してしまったというキム・カーダシアンは、「アトキンス40」というメソッドを採用。いわゆるローカーボダイエットで、炭水化物の1日の摂取量を20gまでに制限。さらにピラティスを取り入れて、女性らしくヘルシーボディに。アトキンス社のダイエット法はこちら


4位 ビヨンセ -30Kg

4-30Kg.jpg

2012年に出産したビヨンセ。妊娠によって20kg近く太ったと報じられている。その後、トレーナーであり、生理学者のマルコ・ボルゲス氏が提唱する「22日間のレボリューションダイエット」で減量に大成功。22日間、肉、卵、乳製品をカットし、グルテンフリー、大豆フリーの植物性レシピで過ごすダイエット法で、ビヨンセはマイナス30Kgを達成! これを定期的に行うことで、体型をキープしている模様。マルコ・ボルゲス氏のダイエット法はこちら


3位 マライア・キャリー -30Kg

3-30Kg.jpg

体重約120Kgとマックスに太っていたのは、2016年頃(写真左)。2011年に双子を出産して以来、体重は増加の一途をたどったマライアだけれど、「パープル・フードダイエット」という方法で、30kgの減量に成功。週に3日、ビーツやプルーン、グレープなどの紫色の野菜や果物しか食べない日をつくるダイエット法のことで、パープルフードは、ダイエットはもちろんのこと、抗酸化効果の高いものが多く、生活習慣病の予防にも効果的とか。2017年(写真右)、約1年でかなりほっそりしたマライアは、胃を小さくする手術を受けたという噂もアリ。


2位 ケリー・オズボーン -32Kg

2-32Kg.jpg

『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』というテレビ番組を通じてダイエットに励んだ結果、1年半で約32Kgの減量に成功したことが、今や伝説になっているケリー・オズボーン。ダイエットプログラムの内容は、炭水化物や砂糖をカットするいわゆる糖質制限やダンスとか。ちなみに、いちばん太っていたのが2009年頃(写真左)で、別人のようにスリムになったのが2011年(写真右)頃。
 
最近はまたふっくらしてきたケリー。今年6月には、ジョギングしているところがパパラッチされている。


1位 ジェニファー・ハドソン -36Kg

1-36Kg.jpg

栄えあるダイエット記録ナンバーワンは、ジェニファー・ハドソン。左は2010年の写真で、右はそれから約1年半後。ダイエット企業『ウェイト・ウォッチャーズ』の減量プログラムに参加したことは有名な話。減量プログラムとは、カロリーと栄養をポイント化して計算し、1日の決まった数値に達したら、その日は食事をとらないという方法。最近のジェニファーは? というと、2011年頃よりは少しふっくらしているけれど、リバウンドはしていない様子なので、実践してみる価値はありそう。ウェイト・ウォッチャーズはこちら

Photos:Getty Images,AFLO ※ダイエット記録、減量した体重は編集部調べです。

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ