ビールのトリートメントにマヨネーズパック、炎カット! セレブの仰天ヘアケアニュース

08 May 2019

ビールのトリートメントにマヨネーズパック、炎カット! セレブの仰天ヘアケアニュース

紫外線が強くなる季節は髪へのダメージも気になるもの。そんななか、美容感度の高いセレブたちは独自のメソッドでヘアケア中。枝毛を燃やしたり、毛先をマヨネーズでパックしたり……根拠に基づくであろうものの、その方法はかなりユニーク! 自宅にあるもので簡単にできるケアは、試してみる価値あり。


ブレイク・ライブリー:マヨネーズで毛先パック

01-1039409656

細く絡まりやすい髪質のため、日頃からヘアケアには気をつけているというブレイク。なかでも、母親直伝のマヨネーズパックは幼い頃より実践。シャワーの前に毛先にマヨネーズをつけ、しばらく置いてからシャンプー&コンディショナーをするだけというお手軽さながら、マヨネーズに含まれる卵のタンパク質が髪をコーディングし、乾燥を防いでくれるのだという。彼女のゴージャスなロングヘアを生み出していたのは、家庭に欠かせない調味料だったことに驚き!


キム・カーダシアン:洗髪の後はTシャツドライ

02-1057174636

セレブ界きっての美容マニアであるキムは、ヘアケアにも並々ならぬこだわりが。まず洗髪は5日に一回にし自らの皮脂で乾燥を防ぎながら、髪用サプリメントで内側からヘルシーな髪にアプローチ。さらに寝る時はシルク製の枕を使って髪への摩擦を軽減するなど、とにかく徹底したケアで知られている。そんな彼女が最近取り入れているのが、着古したコットンTシャツでのドライ。洗髪後に優しく水気を取り除くように髪に当てることで、キューティクルを損なわず乾かせるそうだ。古Tシャツで乾かしてシルクの枕で寝る…ヘアケアのハイ&ローぶりもすごい。


アドリアナ・リマ:アボカド入りコンディショナー

03-1132093365

“食べる美容液”といわれるほど栄養価が高く、ビューティケアには欠かせないアボカド。それを髪にも取り入れていれるのがアドリアナ。週に一度、潰したアボカド1個をコンディショナーに混ぜてパックすることで、脂質とビタミンが髪に浸透ししっとりとした艶髪に導いてくれるのだという。そのままでも充分美味しい食材を髪に使うのはちょっと躊躇するものの、皮をむいて少し傷んだアボカドに出くわした際にはぜひ試してみたい。


アレッサンドラ・アンブロジオ:炎のヘアケア

04-1140502873

アレッサンドラをはじめ、アナ・ベアトリス・バロスなどのブラジル出身モデルたちが実践しているのが、髪の毛の傷んだ部分をキャンドルの炎で燃やすブラジル由来の美髪術“ヴェラテラピア”。切れ毛や枝毛などのダメージ部分を燃やし、その後トリートメントすることで、髪内部まで有効成分が浸透し健康的な髪に近づくのだとか。ただ、ダメージ部分のみを的確に燃やすにはテクニックがいるため、個人で試すのはNG。LAには専門のサロンがあるので、旅行ついでにトライするのも◎。


ミランダ・カー:レモンとオリーブオイルでマッサージ

05-1079472650

昨年5月に第二子を出産し、1年後となる現在は第三子を妊娠中のミランダ。妊娠・出産を経ると急に白髪や抜け毛が増え、髪質も安定しないのが常だが、彼女の場合はこんなにもツヤツヤ! それは、ティースプーン3杯のオリーブオイルにレモン汁を混ぜたもので行う頭皮マッサージのおかげ。オリーブオイルに含まれるオレイン酸が余分な皮脂を取り除き、抗酸化作用のあるレモンが白髪や抜け毛などを予防。洗い上がりもさっぱりしているため、皮脂分泌が盛んな夏のヘアケアにも良さそう。


スキ・ウォーターハウス:コーラ洗髪

06-1031749302

エアリーなヘアスタイルを好むスキは、なんとそのニュアンス感をコーラで実現。洗髪の際にコーラですすぐだけで、根元から毛が立ち上がり、ふっくらとしたボリュームを叶えるのだという。確かにコーラに含まれる強い炭酸は頭皮クレンジングに効果的だが、大量の砂糖も入っているはず……。すすぎの最後に水で洗い流すであろうものの、残った砂糖でカピカピにならないかちょっと心配。でもそれが逆に良いニュアンスヘアを生み出すなら正解ともいえそうで…美容は奥深い。


キャサリン・ゼタ・ジョーンズ:ビールとはちみつのトリートメント

07-955814702

今年50歳を迎えるのに、まるで20代のような艶やかな髪をキープしているキャサリン。それを支えているのが、ビールとはちみつを混ぜたお手製のトリートメント。ビールのアルコール成分が汚れを除去しながら、はちみつの保湿効果が髪を潤いで満たし豊富な栄養素を浸透させ、スカルプケアにも効果を発揮する。髪は年齢が顕著に現れる場所なだけに、エイジングケアは必須。こんな身近な材料でできるなら今からでも始められそう。

Photo : Gettyimages Text :Rie Maesaka

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ