缶詰の安全性について知っておきたいこと

22 March 2018

缶詰の安全性について知っておきたいこと

今、あなたのキッチン棚の戸を開くと、缶詰の黒豆、ひよこ豆、いくつかのツナ缶など、何らかの缶詰が見つかるはず。なぜみんな缶詰を保管しておくの? その理由は、缶詰は食事の準備が簡単だし、より多くの食品を摂取するのにはとても簡単な方法だから。

ニューヨークの栄養学者、カレン・アンセルは次のように教えてくれた「缶詰のトマト、豆、かぼちゃ、ツナ、サーモンはとてもヘルシーで、長い賞味期限のためとても便利。その上、缶詰食品は新鮮な食品よりも栄養成分が少ないように思えるかもしれないけれど、缶詰の加工過程において、食品のタンパク質、炭水化物、脂肪含量、ミネラルや脂溶性ビタミンの量には影響しない(ビタミンA、D、EとK)。でも、缶詰めには高い熱が加えられるため、水溶性のビタミンCやBなどは壊れる可能性があり、食品によって、栄養素の損失は異なる」 

でも、缶詰食品を取り入れることに伴ういくつかのリスクがあるのも事実。専門家の第一の懸念は缶そのものの問題。「多くの缶にはBPAが含まれていて、これは特定のホルモンに影響を与えるといわれている化学物質。潜在的に血圧やがんのリスクを高め、行動上の問題を引き起こす可能性がある。エストロゲンを模倣した化学物質であるBPAは、腐食から金属を守るために缶詰のコーティングとして1960年代から使用されてきた。問題は、化学物質が飲食物に浸出すること。 BPAの完全なる影響は未知であり、動物に関する多くの研究が行われているけれど、多くの医師や科学者はエストロゲンとテストステロンの性ホルモンの体内での作用を変える可能性があると懸念しているわ」 

実際、BPAが脳やホルモンのシステムを破壊する可能性があるという証拠がある。臨床内分泌学ジャーナル(Clinical Endocrinology)に掲載された2016年の研究では、BPAが女性のインスリン抵抗性と肥満と関連している可能性があることが分かったそう。2017年のラットを使った研究では、妊娠中に低レベルのBPAを摂取した場合、飢餓ホルモンからの信号を体内で伝達する方法を変えてしまう恐れ、つまり、空腹と満腹のシグナルを理解する脳の能力を狂わせてしまう恐れがあることが分かったとか。他の研究でも、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、乳がん、代謝障害への深い関連性が判明したそう。

けれど、最大の懸念は妊娠中のBPA摂取に関すること。 

「人間では、胎児が発達しているときのBPA摂取は、問題行動(多動性や攻撃性)、思春期の乳房発達障害、肥満、糖尿病、心臓病、肝機能の変化のリスクを高める可能性がある」とMaida P. Galvez 、マウント・サイナイのアイカーン・スクールの環境医学および保健医療小児科の副教授であるマイダ・ピー・ガルベズは言う。 国立環境衛生研究所(NIEHS)によると、BPAは歯科用シーラント、医療機器、家電、レジのレシートなど、多くのものに含まれているけれど、主な接触源は私たちが食べる食品。 2016年のジョンズ・ホプキンスの調査によると、1日に缶詰食品を1つ食べた人は、缶詰を消費しない場合に比べてBPAの尿中濃度が24%上昇、2つ以上の場合は54%上昇したそう。

2008年に発行されたFDA(米食品医薬品局)のBPAに関する最新のガイドラインでは、毎日の安全な摂取の上限は、体重1kgあたり50マイクログラムのBPAだそう。けれど専門家によると、こうした勧告は時代遅れであり、もっと低い値であるはずだという。EPA(米環境保護庁)の報告書の中で、一部の動物実験では、体重1kgあたり1mg以下、1日2マイクログラム以下の用量が潜在的に悪影響を及ぼす可能性があることが分かったと言う。 

FDAはBPAのリスクと安全性をまだ調査しており、哺乳瓶、ベビーマグカップ、乳児用ミルクへのBPA使用を禁止。しかし、2014年にFDAは現在の勧告に変更を加える必要がないと結論付けた300以上の研究報告を発表。環境保護団体はFDAに対し、1億分の1ppb以下の安全な限度を設定するよう求めている。

「なぜ人間の健康に潜在的な懸念があるものを使用し続けるのか? 市場に出す前の安全性試験、食品表示の透明性、代替品が実際に安全であるという保証が求められている」とガルペス。今のところBPAは缶詰食品への使用が当たり前となっている。

2016年の報告では、米国で試験された3つの缶のうち2つがBPAを含んでいたそう。病気の予防センターが2007年に発表した研究によると、BPAはアメリカ人の90%以上の尿中に検出されているとか。

理想的なのは、すべてのBPAを避けることかもしれないがけれど、現実社会でこれほど一般的に流通していることを考えれば、残念ながらそれは不可能。

「家庭への一般的なアドバイスとしては、できるだけ新鮮な、もしくは冷凍した果物や野菜を購入すること。缶詰や加工食品は避けること」ガルベスは缶詰よりも新鮮な未加工食品を選ぶことで、体内のBPAレベルを低下させられることが分かった研究を指摘している。あなたがさらされているBPAの量も食べ物に応じてかなり変化することを覚えておくこと。2009年の消費者レポートでは、スープ、ジュース、ツナ、野菜を含む19のブランド食品をテストし、BPAレベルを測定。最悪のものは缶詰の緑豆と缶詰のスープだった。

アンセルは、BPAの潜在的なリスク以外にも、多くの缶詰には高いナトリウムが含まれることを指摘している。ナトリウムの過剰摂取は、むくみの副作用があり、高血圧や他の恐ろしい健康への影響が議論の対象となっているにも関わらず、だ。だから、栄養表示を読み、ブランドを比較し、可能であれば、ナトリウムが含まれていないか、低いものを選択すること。低塩分のものを選択できない場合、多くの栄養士は、1食分あたり500mgのナトリウム量を維持するため、缶詰の豆のようなものは水ですすぎ、ナトリウムを40%減らすことを勧めている。マグロには水銀が含まれているため、FDAは缶詰のライトツナを1週間に3回、缶詰のアルバコア(マグロの一種)を1回のみ摂取することを推奨している。

缶詰食品に欠点があることは間違いないけれど、アンセルは、それらが緑の野菜を手に入れるための簡単で安価な方法でもあると言う。

「豆や野菜のような、よりヘルシーな缶詰の食品を食べるのであれば、ほとんどの人は1日で大量の摂取はしないので缶詰を食べる事についてそれほど心配することはない。あなたが本当にBPAを心配しているのならBPAフリー缶を探し、そうでなければ缶詰食品を避けること。2009年消費者レポートによるとBPAを含まない缶でさえ、低レベルのBPAが食品に溶出するけれど、他の選択肢よりもはるかに低いレベルだそう(ツナの20ppbやロースト豆の1ppb)。BPAが含まれているかどうか知るには、パッケージ表記やEWG(Environmental Working Group)の検索可能なデータベースを確認してみて。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: COLLEEN DE BELLEFONDS Translation: Kanako Iwaki Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ