これは知りたい! 注目のドリンク、サボテンウォーターをプロの目でジャッジ!!

28 February 2019

これは知りたい! 注目のドリンク、サボテンウォーターをプロの目でジャッジ!!

ココナッツウォーターは有名だけど、サボテンウォーターって知ってる? どんな味か想像しづらいけれど、2019年のフードトレンドにも選ばれているほど、今年の新顔として海外で注目されているよう。水分補給にサボテンウォーターに手を伸ばす前に知っておきたいことを、アメリカ版ウィメンズヘルスが栄養士にズバリ直撃!


サボテンウォーターって何? 実はシンプルな内容で応用が利く!

サボテンウォーターとは、サボテンの果実やウチワサボテンの濃縮水と水で作られたもの。原材料はいたってシンプル。「低カロリーで(1カップあたり18kcal)砂糖は使用されていません。糖質4gにカリウム159mgを含有しています」と説明するのは、『Healthy Instant Pot Cookbook』の著者で認定アスレティックトレーナーであり、管理栄養士でもあるダナ・アンジェロ・ ホワイト。

用途が広いわけではないけれど、喉の渇きを癒やしてくれる以外にも健康上のメリットは少なからずあるとのこと。「私なら、スムージーや魚の茹で汁に利用します」とホワイト。


サボテンウォーターはヘルシー? その長所と短所とは

決して健康に悪い飲み物ではないけれど、栄養価が非常に高い飲み物というわけでもない。ホワイトいわく、栄養上のメリットに関する研究や情報が十分にないんだそう。「もちろん水分補給には良く、カリウムが含まれるので電解質の補充にも役立ちます。しかし、値段に見合う価値はないようにも思います」とホワイト。

ピーチフレーバーのサボテンウォーター 1パックあたりの栄養成分(約330ml)
エネルギー10kcal、脂質0g、ナトリウム15mg 、カリウム6mg、
炭水化物3g、食物繊維0g、糖質2g・タンパク質0g

ワークアウト後に電解質を補給するのには良いようだけど、サボテンウォーターだけでは十分に補えない。

サボテンウォーターを飲む場合は、砂糖が加えられていないもの、もしくは少量(4g未満)の物を選ぶようにしよう。

また、低糖質で砂糖が加えられていないため、ケトン体ダイエットをしている人にも適しているそう。「基本的にケトン体ダイエットでは毎食の糖質を8〜10gまでに抑えるべきなので、飲みすぎないように注意しましょう」とホワイト。


結局、サボテンウォーターは飲むべき? それとも不要?

安心して飲んで大丈夫だと言われるけれど、サボテンウォーターに過度な期待は寄せないように。ホワイトは「わざわざ私の患者さんにサボテンウォーターを飲むように勧めはしないけど、飲みたい人にはゴーサインを出します」と話している。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Isadora Baum Translation: Yukie Kawabata Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ