知りたい! 乳がん検診を受ける「タイミング」と「ポイント」

07 August 2018

知りたい! 乳がん検診を受ける「タイミング」と「ポイント」

乳がんの検査を受けてみようと思い立ったのはいいけれど、マンモグラフィ検査には痛みがあるとも聞いたり、月のサイクルの中でいつ受けるべきなのか迷ってしまうところ。受診するときには男性のドクターや検査技師だと気後れする……ということも。そのあたりの疑問や質問を、専門家であるドクターにぶつけてみた。そこから見えてきた、乳がん検診のコツとは?

嶋本 裕先生

医学博士 嶋本 裕先生

品川ブレストクリニック院長。日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医。愛知県がんセンター中央病院、聖マリアンナ医科大学病院などを経て、品川ブレストクリニックを開院。

乳がんの検診を受けたいけれど、「マンモグラフィ検査は胸を挟むのが痛くて、苦痛だって聞くけど……」と不安に思う人もいる模様。検査を受ける際のポイントはどんなこと?


月経直前は避け、月経が始まってから受けるのがお勧め

「マンモグラフィ検査=痛いと思っている方がいますが、これもかなり個人差があります。まったく痛みを感じない方も少なくありません。

ただ、乳房は月経周期によってハリが出ることもあるので、それが痛みにつながることもあります。検査を受ける狙い目は月経が始まった後がお勧めで、月経直前はなるべく避けた方が好ましいです。この時期には乳房のハリも収まっているので、マンモグラフィで乳房を挟むときの痛みを感じにくくなります」と言うのは、丁寧な乳がん検診で人気がある、品川ブレストクリニックの嶋本 裕先生。


乳がんの検診で大事なのは「画像診断」

GettyImages-861287198_R

乳がん検診ってどこに行けばいいのだろう、と悩んでいる人も多いよう。婦人科? 乳腺外科? ブレストクリニック? さまざまな場所で乳がん検診を行っているけれど、いいクリニックの選び方はあるのだろうか。

「ポイントは“画像診断”だと思います。早期の乳がんは自覚症状がないことが多く、マンモグラフィや超音波、MRIなどの画像が唯一、症状を示すものになることがよくあります。適切な画像を撮影して病変があるかないか診断することを“画像診断”といいます。これは乳がん検診において要であり、適切な撮影能力と診断能力が必要となってきます。そうなると、放射線科の医師がいる所を選んでいただいても良いのかも知れません。『放射線科?』と思うかもしれませんが、放射線科の医師は画像診断のプロなのです。

大学病院でも、画像による診断は放射線科が行っています。乳がんだと婦人科や乳腺外科などを思い浮かべる方も多いと思います。もちろん、治療ではそういった科のドクターの力が有効になります。ですが検診では、放射線科の医師の力がポイントになるということも覚えておいてほしいですね」


「いかにたくさんの検査を行っているか」も重要

乳がん検診をする医療機関では大なり小なり差があるのでは、という疑問を抱く人も。同じ画像でも経験値が高いドクターだと見落としなく、疑わしいしこりを見分けてくれることもあるという。

「たくさんの症例を見ている医師は、細かい部分にも気づく可能性が高いですね。これは一つの目安なので一概には言えませんが、ドクターのプロフィールなどを確認して、過去にどれだけ検査に携わってきたかをチェックしてみるのもいいかもしれません」


ポイント。検診は同じ所で受けて「記録を残す」

乳がん検診のたびに違うクリニックを受診する人も。しかし、できれば毎回同じクリニックで検診したほうがいいと嶋本先生は言う。

「もちろん、そのクリニックが合わなかったり、理由があれば変えてもいいのです。ですが意味もなくクリニックを毎回変えるのはお勧めできません。というのも、過去のデータがあれば比較して画像を診断することができます。しこりなのか判断に迷ったときに過去のデータと比較できれば、検証材料としては非常に大きなものになります。そのためにも長く付き合える検診クリニックを探すことは重要だと思いますね。

私のクリニックでは私が男性なので『先生に見られるのは……』と思う方もいるようです。ですが私は、基本的に画像しか診ません。検査の最中に付き添うのは女性の検査技師です。放射線科の医師は男性も多いので、敬遠せずに検査の立ち合いは別の人なのか確認してみると、医師やクリニックの選択肢はもっと広がるはずです」

 

知っておけば、快適に不安なく検査を受けられることもたくさん。人生100年時代の現代だからこそ、健康寿命にも注目したヘルスコントロールもこれからの注目ポイント。自分のバストにも、もっと目を向けてみて。

 

品川ブレストクリニック

①待合室_R

乳がんの検診においては即日で確定診断ができる機関が少なく、また検査の結果が出るには時間がかかることも。こうした現状を踏まえ、検査から確定診断までをスピーディーに対応することを目指す、乳腺専門のクリニック。乳腺疾患の正確な確定診断に注力し、マンモグラフィ・超音波・MRIなど、丁寧な画像検査に力を入れている。乳腺外科の他、乳がんドックも併設、豊胸術後の乳がん検診も受診できる。乳がんの画像を基づいた、画像診断医によるセカンドオピニオンなども相談可能。
http://www.shinagawa-breast.com/

Illustration&Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ