垂れたバストの原因になる5つの習慣

06 December 2017

垂れたバストの原因になる5つの習慣

胸の張りをキープしたいなら、覚えておきたいTIPSをアメリカ版「ウィメンズヘルス」からご紹介。

残念なことに、いくらか胸が垂れるのは避けられない事実。出産、授乳、加齢はすべて、皮下の結合組織であるコラーゲンから弾力を奪うので、胸がハリを失ってしぼんでいく。遺伝で胸が垂れることもある。お母さんの胸が垂れているなら、あなたにだってその可能性がある。

さらに、一見何の関係もなさそうな行動がバスト崩れの原因になることも。つまり、それさえ避ければバストの状態は改善するということ。しかも、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究によって、胸の組織は体の他の部分より2~3年早く歳を取ることが判明したことを考慮すれば、たるんだ胸に関連する習慣からはとにかく足を洗いたいところ。

クラッシュダイエット

2~5kg増えたり減ったりすることで胸が凹むことはない。でも、10kg減らしてはリバウンドするのを何度も繰り返していると、胸は間違いなく垂れてくる。胸部外科医で米国美容外科学会長のマイケル・エドワーズ医学博士によると、体重が減ったり増えたりするたびに、胸の組織は古いタイツのようにたるんでいくそう。

喫煙

タバコは胸にまで害を及ぼす。「どんなに少量でも、タバコは皮膚表面への血流量を減らすので、肌が弱って衰える」 とエドワード博士。

日焼け止めを塗っていない

エドワード博士によれば、日焼け止めを塗らずに顔に紫外線を浴びると若年性のシワができるのと同じで、紫外線は胸部の皮膚にダメージを与え、コラーゲンを伸び切った状態にしてしまう。

サポート不足のブラを着ている

普段使いの巨大ブラにせよジム専用のスポーツブラにせよ、サポート力のないブラの着用も垂れたバストの原因に。エドワード博士いわく 「胸が動き回る分だけ、胸部の皮膚やコラーゲンに負荷がかかる」。下着屋さんに寄って、あなたのバストシェイプに合ったブラを見つけるためにフィッティングしてもらおう。

激しいワークアウト

これを裏付ける科学的な証拠は乏しい。でも、ランニングやそれに似たワークアウトによって繰り返される前後の動きが胸のコラーゲンを破壊すると指摘する専門家の声もある。でも、エクササイズが他の面で若々しさを保つ秘訣であることは忘れないで。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text:Esther Crain Translation: Ai Igamoto Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ