これぞ賢い飲み会の乗り切り法! ダイエット中にも使える、太らないための「簡単なコツ5」

29 January 2019

これぞ賢い飲み会の乗り切り法! ダイエット中にも使える、太らないための「簡単なコツ5」

仕事終わりのハッピーアワーは、ストレスや疲れを友人や同僚と楽しく発散する最高の時間。でも、お酒のおつまみは高カロリーなものが多く、さらにお酒のカロリーがプラスされるので注意したいところ。『The Small Change Diet』の著者で管理栄養士のケアリー・ガンズが、アメリカ版ウィメンズヘルスに「ハッピーアワーで太らない5つのコツ」を伝授してくれた。


ハッピーアワーに行く前に。失敗しないために「やっておきたいこと」

タンパク質と糖質を摂取する

GettyImages-653242242 (1)

低脂肪ヨーグルトと果物などのタンパク質と糖質のコンビネーションを食べておくといいそう。空腹でバーに行かなければ、食べすぎをセーブできるはず。お酒が進み、気付いたら「食べすぎていた!」ということも多いのでは?

ディナープランを決めておく

居酒屋やバーでハッピーアワーに夕食をとってしまい、そのあとにスナックを食べてしまう……。もし、パートナーや友人と家で夕食を食べる予定があれば、おつまみを追加注文する必要はないし、よりヘルシーな夕食を選択することができるはず!


お酒の選び方、おつまみのオーダーにも「コツ」があった!

度数の高いお酒をチョイス

ウイスキージンジャーやテキーラのソーダ割りなど、リカーベースのカクテルがおすすめ! 味が濃くてアルコール度数が強いため、意外にも飲みすぎの防止になるのだとか。特にアルコール飲料は体に有効な栄養素をほとんどもたないエンプティカロリーで、摂取しすぎる傾向にあり、高カロリーな料理にも手が伸びやすいんだそう。

お酒を「飲む前」に料理を注文する

GettyImages-643056764

アルコールによって抑制が効かなくなるため、おつまみを選ぶときはお酒を飲む前に注文するのが賢明な模様。ただし、揚げ物は控えめに! 焼きイカなどのグリル料理や、ブルスケッタやシュリンプカクテルなどのトマトベースのおつまみはカロリーが低めでおすすめ。フライドポテトの食べすぎにも注意して!

無料のお通し、プレッツェルやポップコーンは他のテーブルへ回す

無料のお通しをサービスしているバーは年々減少しているようだけど、提供されたときは注意しておこう。このようなおつまみは無意識に食べすぎてしまいがち。思い切って他のテーブルに置いてしまえば、誘惑に負けることもないはず。

 

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Annie Daly Translation: Yukie Kawabata Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ