15分でできる! 若々しくいるために取り入れるべき、たった一つの習慣

15 November 2018

15分でできる! 若々しくいるために取り入れるべき、たった一つの習慣

何歳になっても美しい自分でいたいのなら、まずはありとあらゆるアンチエイジング方法を「知る」ことが第一歩。オーストラリア版ウィメンズヘルスが紹介するのは、内側から若さを維持するために試したい、たった一つの行動。

肌の老化を遅らせるためには、高級なクリームの手を借りて、名高い皮膚科医が推奨するスキンケアルーティンに従うのがベスト……なんて思うかもしれない。でも若々しい容姿を手に入れるためには、まず根元に眠る老化の原因を理解する必要がある。これはどうやら老化の症状に合わせてケアをすればいい、という単純なことではないそう。

まず、肌の老化サインは弾力が失われたりシワが目立ってきたりとわかりやすい一方で、より老化が進んでいるのは目には見えない部分。例えば視力や聴力、運動能力、認知機能は肌よりも速いスピードで老化していくのだとか。

近年では、身体年齢が実年齢相応かを調べられるテストもあるほど。このテスト結果によると、身体年齢の老化の方が、実年齢に比べてより速いスピードで進んでいることが明らかになっている。一方でこの研究結果は、老化のプロセスを遅らせる可能性があることも示唆しているそう。

ちなみに20%の早期老化は遺伝によるもので、残りの80%は私たちの生活習慣が大きく影響してくるらしい。早期老化を引き起こす生活習慣は、食習慣や運動量、仕事や人間関係によって起こり得る体や心の負担にあるそう。ストレスや日々の無理が老化の原因の一つである、というのも決して過言ではない。それも数々の研究からストレスはDNAにまで影響を及ぼすことが分かっているほど。

antiaging-tired

それに多くの女性はハードな1週間を終えたあと、疲れ切った「老け顔」になっている。これはストレスが老化を招く理由の一つであることが顔に映し出されているようなもの。その上、ストレスを抱えている状態が続くと、回復力も下がってしまうことは肌で感じているはず。それが1、2週間休暇をとって旅行に出るとすっかり若返り、生き生きとした姿を取り戻せるのだから不思議。

そこで一つのアンチエイジング法として、「ストレスのケア」を提案したい。ここ5年ほどで研究からも心を軽くしてくれることが実証され、人気が集まっているストレス緩和法といえば瞑想(めいそう)。体にたっぷりと休息と回復力を与えることで、ストレスや疲れから受ける刺激を和らげることができると言われている。これがいわゆる「弛緩(しかん)反応」として知られるもの。

antiaging-meditate

瞑想の名講師、ジョニ・ポラードによると、「4日間瞑想することで、10日ほど休暇を取るのと同じくらいの回復力が得られる」とのこと。「疲労やストレス、睡眠障害といった悩みを抱える生徒を受け持つことが多いけれど、瞑想を続けることでよく眠れるようになったという生徒もいれば、リラックスした状態を維持できるようになったという人もいます。さらに、日中を通してよりエネルギーが湧くようになったと報告してくる生徒もいます。そして何よりも見た目が若返り、若々しい心持ちでいられるという反響も多いです」

推奨されている回数は、1日に1、2回。必要なのはなんとたったの15分。瞑想初心者はまずアプリに頼ってみるのがいいかもしれない。ポジティブな気持ちになれたり、ストレスが減ったり、よく眠れるようになったり……といううれしい効果は、数日続けるだけで実感できてくるよう。老化を遅らせて、バイタリティー溢(あふ)れる毎日を過ごしたいのなら、今日から瞑想を日課にしてみては?

※この記事は、オーストラリア版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Jonni Pollard Translation: Yukie Kawabata Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ