ホルモンの特徴を知って、リズムをもっと利用しよう! 月経周期別・おすすめスキンケアと過ごし方

09 March 2019

ホルモンの特徴を知って、リズムをもっと利用しよう! 月経周期別・おすすめスキンケアと過ごし方

女性である以上、切っても切り離せない生理(月経)。一般的に25〜38日とされる月経周期では、段階によってエストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量が変動。そのせいで気持ちにアップダウンが生まれたり、肌が荒れやすくなったり……と心身に作用するそう。そこで最近注目されているのは、月経周期に合わせた生活習慣の見直し。

今回イギリス版ウィメンズヘルスでは月経周期を季節にたとえて、周期に合った過ごし方と、肌の整え方を伝授。

「周期に合わせた生活」とは?

「季節の周期や太陰周期、月経周期など自然の周期に合わせた生き方を意味します」と説明するのは、スキンケアブランド「Disciple skincare」の創立者であり、心理療法士のシャーロット・ファーガソン。

「ホルモンが私たちに与える影響は、生理のみにとどまりません。毎日のエネルギー量や肌の調子、体が必要としている栄養素や精神状態、性欲、体重などの全てがホルモンによって支配されています」とファーガソン。これを理解することで、自分を追い込むのに適切な時期、リラックスしたほうがいい時期、などがわかってくる。

「私たちは、毎日自分がベストな状態であることを期待します。常に生産的、かつエネルギーがみなぎる状態を望みたいところだけれど、なかなか体はついていけません」

この情報を生かして実践できることと言えば、周期に合わせてスキンケア方法も変えていくこと。肌は、周期によってオイリーになりやすいこともあれば、乾燥しやすかったり、敏感になりやすかったりすることもある。早速、周期に合わせたスキンケア方法を見ていこう。


生理中の1〜5日目は「冬」。敏感になりやすい肌をやさしくケア

「自然界でも、冬は中にこもりたくなる時期。人間も動物も休息してエネルギーを温存しようとするときですよね」とファーガソン。「月経を迎えるタイミングを季節に例えるなら冬です。生理の間はホルモン分泌が最も低下します。そのため考えすぎたり、引っ込み思案で内向的になりやすかったりすることも。さらに、子宮内膜を排出することに体は気を取られてしまうため、普段より疲れを感じやすいです」

このとき、肌はいつもより少し敏感になりやすいそう。「シンプルなスキンケアを心掛けて、肌に栄養を与えてくれる有効成分を配合した、香料が含まれないものを選びましょう。生理中にニキビができた場合は、肌にやさしいレチノールクリームや治療薬を使ってみてください。肌も落ち着き、ニキビ跡を減らすのにも役立ちます」


月経周期の6〜12日目は「春」。調子を取り戻してきた肌には、ビタミンCが好相性

「月経周期の6〜12日目は、創造性が豊かになる『春』のような感覚です」とファーガソン。「排卵に向けて、エストロゲンの分泌量も徐々に増えていきます。そのためエネルギー量もアップし、自信もつき、社交的になります」

新しいことを習得したり、計画したりするにも最適のタイミング。そのうえ、エストロゲンが急上昇すると生理で乱れていた肌バランスも整ってくるので、肌にツヤが出てくるそう。「この時期のスキンケアにはビタミンCを取り入れるのがおすすめです。肌にさらなる輝きを与えることができます」


月経周期の13〜18日目は「夏」。最高の肌質を保つために、「予防的ケア」が欠かせない

「この時期は排卵を迎える準備の最終段階なので、エストロゲン値が最も高いです」とファーガソン。社交性が抜群に優れて、肌の透明感と輝きも増し、性欲もアップする。

「この時期は、肌を守ってあげるための予防的スキンケアが大切です。なぜなら月経周期の3週目に向かうにつれて、エストロゲン値はどんどん減少します。一方でテストステロンやプロゲステロンの分泌量が増加するので、肌は脂っぽくなり、毛穴も詰まりやすくなってしまうのです」とファーガソン。


月経周期の19〜28日目は「秋」。荒れやすい時期に突入した肌をしっかりケア

skincare-mask

秋に例えられている19〜28日目の間は、肌が荒れないよう一層気を引き締めておきたいとき。エストロゲン値が急激に減少しプロゲステロンが増加するため、肌トラブルとは無縁だった「春」や「夏」の肌とは状況が一変。プロゲステロンは体に鎮静効果をもたらすため、考える力や判断力もこの時期には低下。「複雑なことがうまく処理できなくなるので、なるべく家で休んだりセルフケアに力を入れたりするのがおすすめです」とファーガソン。

この時期に活躍してくれるのが、過剰な皮脂を除去し、毛穴の角質をきれいに落としてくれるサリチル酸配合のスキンケア商品。フェースマスクをするのも、この時期はおすすめ。アルファヒドロキシ酸(AHA)が配合されているものであれば、余分な角質細胞が除去でき、毛穴が詰まるのを阻止してくれるのだとか。

「月経周期に合わせた生活」はマスターできそう? 体がどう反応するかを知り、無理のない過ごし方、スキンケアを実践してみて。

 

※この記事は、イギリス版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Claudia Canavan Translation: Yukie Kawabata Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ