ジムでの身支度をスムーズにする6つの方法

20 June 2018

ジムでの身支度をスムーズにする6つの方法

朝のワークアウトは1日を元気に始めるのに最高だけど、クロスフィットのクラスから30分以内でチームミーティングに出ようとすれば、顔は火照るし体もくたくた。

忙しい女性たちが集まる狭い更衣室で、汗だくのスポーツブラを脱ぐのに苦戦する。ワークアウト後の爽快感をこれほど台無しにするものはないかも。記録的な速さでワークアウト前後の身支度をするには、どうすればいい?


1.適切なジムバッグを選ぶ

複数のトートバッグから必要なものを引っ張り出すのが大変なら、そろそろジムバッグを用意しよう。完璧な装備で向かいたいなら、通勤服や汗のついたジム用品を分けて収納できるように、色んな仕切りがついたバッグを探してみて。身軽に移動したいなら、仕事にも使える機能的でオシャレなレザーのリュックがおすすめ。

 

2.計画性を持つ

汗だくでワークアウトを終え、替えの下着を忘れたことに気が付くのはショック。だからバッグは (下着を含め) 前日の夜にあらかじめ準備し、お気に入りの化粧品、ヘアブラシとデオドラントをもう一式買い、バッグに入れっぱなしにしておく。これで必要な物を忘れたりしない。あとは、シャワーとメイクに必要なアイテムを探して貴重なシャワー時間を無駄にしないように、まとめて一か所に入れておけばいい。アクティブウェアを並べたら、朝一で動く準備は万端。


3.お手入れはワークアウト前から

ジムでのビューティー習慣は、ワークアウト前に始まる。髪を頭のてっぺんできっちりまとめるにせよ、ボクサーブレイドにするにせよ、根元にドライシャンプーを使って。ワークアウト中の汗が吸収されやすくなる上にクセが付くので、ワークアウト後はビーチ風のウェーブヘアに。

ワークアウト中のメイクは、肌が息を吸えるように避けるのがベスト。でも、ちょっとオシャレがしたいなら、汗をかいても滲まないウォータープルーフのマスカラがおすすめ。ワークアウト後に重ねて塗れば、さらにボリュームアップ。

 

4.シャワーは賢く浴びる

短いシャワー時間を最大限に活用するには、アイテムを賢く使うこと。週に何度も有酸素運動をするけど、髪を洗いすぎて乾燥させたくない場合、コンディショナーだけ使ってみよう。普段のシャンプーとコンディショナーをクレンジングコンディショナー1本で置き替えれば、髪本来の油分を剥ぎ取ることなくソフトでまとまりのある仕上がりに。ワークアウト後のスピーディーなスタイリングにピッタリ。

次に、ジムで体に保湿クリームを塗る余裕がある人はあまりいないので、保湿力の高いボディソープで手触りの良い肌をキープして。

最後に、いつも顔が火照るなら、シャワーを冷水で締めて肌を冷ますこと。


5.ワークアウト後の服は慎重に選ぶ

ワークアウトを終えた後に、再び汗をかくのだけは避けたい。よってスキニージーンズは自宅に残して、狭い場所でも着やすいルーズでスタイリッシュな服を選ぶのがコツ。キュロットやシガレットパンツにブラウスやTシャツを合わせるか、バッグの中でもシワにならないシンプルなシャツドレスをゲットしよう。

 

6.適切なビューティーアイテムを使う

正しいアイテムさえ揃っていれば、赤ら顔ではなくフレッシュな面持ちでデスクに着ける。

保湿クリームを塗る前に、ひんやりするフェイシャルミストをひと吹きすれば肌が落ち着く。肌を保湿して滑らかにする下地で、メイク前の肌を整えるのもおすすめ (せっかくのメイクがジムを出る前に崩れないように)。軽めのBBクリームと控えめなハイライターで仕上げ、肌にフレッシュな輝きを与えよう。

 

※この記事は、UK版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text: Alison Lynch Translation: Ai Igamoto Photo: Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ