コーヒーを飲むべき5つの理由

26 May 2017

コーヒーを飲むべき5つの理由

コーヒー好きに朗報! やっぱり、コーヒーは身体によい

“目覚ましよりも、ベッドから抜け出すためにはコーヒーの匂いが効く”“朝の一杯がないとシャキッとしない”という人は多いのでは。そんな人へうれしいニュースが。朝一杯のコーヒーが身体によいことを証明する、科学的根拠がまたひとつ見つかったそう。今回の発見によると、コーヒーは老化に関する病気に効果があるとか。

専門誌「Nature Medicine」に発表された研究によると、コーヒーは全身性炎症とにもよいとのこと。コーヒーをよく飲む人が、長生きなのは、これが理由かも。

というわけで、コーヒーが身体に与えるうれしい効果をみてみよう。


コーヒーはアルツハイマー病から守ってくれる

サウスフロリダ大学とマイアミ大学の研究者は、一日平均3杯のコーヒーを飲むと、アルツハイマー病になりにくいと発見。USFの神経科学者で、この論文の著者の一人、チュアンハイ・カオ博士は「一定量のコーヒーが完全にアルツハイマー病から守ってくれる
わけではないが、アルツハイマー病のリスクや発症をかなり遅らせることはできる」と話す。


コーヒーは記憶力をアップさせる

いつもあれがない、これがないと探し物をしているなら、ジャワコーヒーを試してみて。ジョンホプキンス大学の最近の研究では、カフェインを摂ると、最大24時間も記憶力がよくなることが分かった。この研究では、コーヒーを飲まない対象者に、数種類の絵を見せた5分後に、200mgのカフェイン、もしくは偽薬を飲んでもらい、翌日に絵を覚えているかを実験。するとカフェインを摂取したグループは、はるかによい成績に!


コーヒーには皮膚ガンから守ってくれる効果も

Brigham and Women’s Hospital とハーバードメディカルスクールの行った2011年の研究では、一日3杯以上のコーヒーを飲んだ女性は、一般的な皮膚ガンを発症するリスクが、一日1杯以下の女性よりも20%少なかったそう。デカフェのコーヒーでは、効果はなかったため、カフェインがカギを握るのでは、と研究者たちは考えている。


コーヒーは死亡のリスクを下げる可能性も

「The New England Journal of Medicine」に発表された2012年の論文によると、一日2杯以上のコーヒーを飲む女性は、コーヒーを飲まない女性よりも死亡のリスクが15%低いとのこと。飲んだコーヒーの種類は関係なく、カフェインレスでも同様。おそらく、コーヒーの抗酸化成分によるものと思われる。

5 Health Benefits of Coffee & Why It Could Help You Live Longer

Text:Alexia Dellner Translation:Noriko Yanagisawa Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ