ジムに持っていく必須アイテムはこれ!

20 December 2017

ジムに持っていく必須アイテムはこれ!

お気に入りのアイテムで気分も結果もアップ!

ジムに行かない方がラクなのは確か。もちろん、中には苦しい言い訳もあるけれど、行かない理由はたくさん浮かんでくる。多くの場合、ジムに行かない理由を見つけると、せっかく行こうとしていた思いも一瞬にして消え去ってしまう。

明日行けばいい、いつだって明日は来るのだから。

でも、そんなときにジムに持っていくセットがちゃんと準備されていれば、それも一つの行く理由になる。テック系、ビューティー系、栄養補給アイテムなどお気に入りのものがあればモチベーションが下がったときに役立つはず。さらに、こういったアイテムがあればいつものトレーニングセッションの効果もアップさせてくれる。 

1. 保湿ミスト

気づいていると思うけれど、ワークアウトは想像以上に汗をかくもの。エクササイズで開いた毛穴を終わった後のシャワーでごしごししたのなら肌の修復のためにもご褒美が必要なはず。 

そんな時には、シャワー後につかう保湿効果のあるアフターシャワーミストを使ってみて。これは、シャワー後の一番水分が必要なときのために作られている。さっとスプレーしたり、ぬったりすればいいだけなので手早くつかえる。麦の抽出物を使ったミストなら、べたつかず、すぐに吸収されて、48時間は保湿をしてくれる。

 

2. インフュージョンタイプのウォーターボトル

ジムの給水コーナーで小さなコップで水を飲む、マッチョなボディビルダーのような水分補給の方法はちょっとおしゃれではない。

普通のウォーターボトルよりもちょっと自慢できるものを探しているのなら、自分の好きなフルーツ、野菜やハーブを入れて抽出できるタイプを選んでみて。これならいつもの水にフレーバーをつけることができる。

 

3. ワイヤレスのスポーツイヤホン

もし通っているジムの音楽をセンスある人が選んでいるようならそれはラッキー。でも、好みに合わないものしか流れないか、トレッドミルや筋トレのマシンのガシャンという音がBGMなら、イヤホンが必要かも。 

ジムにも使えるヘッドフォンなら、スポーツ用のワイヤレスタイプがおすすめ。防汗タイプでカナル型のワイヤレスのものならコードがからんでイライラすることもない上に、短時間の充電で使えるものもある。低音もしっかり聴こえる上に、ハードなHIITもこれで乗り切れるはず。

 

4. インターバルタイマー&ストップウォッチ

休憩時間をごまかしていることは、もう認めて。でもこれはみんながやっていること。たとえば書かれているトレーニングメニューよりも、セットの合間の休憩時間を長めに取ってしまうことは誰にでもある。特にHIITやタバタ式などのハードな運動をやっている場合はよくやりがち。

そんな時に活躍するのがインターバルタイマー。これがあれば、今やったセットがハードだったかどうか、向こうで知り合いを見つけたから声をかけに行きたい、水を少し飲みたいなどは関係なくなる。この小さなタイマーひとつあれば、運動の時間も休憩の時間もしっかり計ってくれるし、セットした時間を振動や音で知らせてくれる。セット回数もお好みで設定できるので、どんなインターバルトレーニングにも使うことができる。

 

5. エナジーバー

ジムが終わってイライラしていなくても、それは頑張らなかったというわけじゃない。トレーニングの直後に山のように肉や野菜を食べられる人もいるけれど、ほとんどの人は食欲が出て、エネルギーが必要、と思うまでに少し時間がかかるもの。

運動が終わった直後に、筋肉は修復するためのタンパク質を欲しがる。そしてエネルギーのためにある程度のカロリーも必要。プロテインシェイクがいいと言う人もいるけれど、エナジーバーにしてみても。普通のお菓子のチョコレートバーを食べるのではなく、スポーツ用のエナジーバーにしてみて。やわらかくて、食べ応えがあり、タンパク質も豊富で糖質が低いので、甘いものを食べたいという欲求を満たしながらも糖質の摂り過ぎを避けることができる。

 

※この記事は、UK版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

Text:Women’s Health for Aveena Translation:Noriko Yanagisawa Photo:Getty Images

RECOMMENDED ウィメンズヘルスのおすすめ